topimage

2017-10

赤い実の如く - 2005.10.11 Tue


10月9日付けのAn-chanさんのブログ「すっかり秋」の中で取り上げられていた、日本でも最近お茶などでお馴染みのローズヒップ。
ローズヒップはチリ原産というのに、残念ながらチリ滞在時には口にした覚えがないのですが、旧ユーゴ圏に来て頻繁に見かけるようになりました。
しかし結構酸味がある上に、どこかで「梅茶(赤シソ茶?)に味が似ている」というコメントを見つけてから(私は両方とも苦手)どうもローズヒップ単体で飲むのは苦手になってしまいました。でも、スロベニアの会社が販売しているローズヒップ等がブレンドされたレモンティー(紅茶にレモン、ではなく本当にスッパイだけのお茶)は大好きです。ビタミンCが豊富という言葉に踊らされているのかもしれませんが、先程紹介したローズヒップブレンドのレモンティーを飲んだり、鍋にお湯を沸かしその中にローズヒップのティーパックを入れて「なんちゃって」(←死語?)スチームアロマをすると肌のツヤが良くなる感じがします。

そして、今日An-chanさんのブログにつけられたRayさんのコメントの中でローズヒップに似たDrenak(地方によってDrenijak)の存在を知りました。辞書によるとDrenakはDrenの指小辞だそうで、Drenの意味は「Dogwood,(cornel)=ミズキ(ヤマボウシ)」との事。この植物にもローズヒップ同様赤い実がなり、これまた色々と体に良い効果があります。
更にdrenについて調べていたところ「Zdrav kao dren」という表現が出てきました。直訳すると「drenのように健康な」になるのですが、これを英語にすると「(as) fit as a fiddle」、つまり「体調は万全(である)」、という事になります。本来バイオリンの意味を持つFiddleよりも、健康に良いとされるdrenの方がこの表現に使用されるのに納得いく気がしますがいかがでしょうか?最後にまたサッカーの話題を引っ張ってしまいますが、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の面々には明日の決戦に「Zdrav Kao dren」で臨んで欲しいものです
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

第3者は外に出せ! «  | BLOG TOP |  » Dan D & それぞれの世界の中心

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード