topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからもあるくのだ - 2005.10.20 Thu

私が利用しているスルプスカ共和国テレコム系プロバイダーTEOLからここ数日お知らせメールやらSMSが立てつづけに届いている。その内容は同じくテレコム系列の携帯会社MOBI'sのSMSを利用し、ネット料金を決済するサービス「Pay By SMS」のスタートを知らせるもの。
日本と違って公共料金は口座等からの引き落としではなく振込み、もしくは各関連機関の窓口で支払いをするのが一般的なので、ここスルプスカ共和国にしてみれば結構便利なサービスが導入されたものである。もしかするとボスニア国内でもTEOLに先駆けてADSLサービスを提供しているBiHnet(ボスニア連邦側のプロバイダー)ではこんなサービスとうの昔に導入しているのかもしれないが・・

とりあえずスタートしたこのサービス、ネットを使いすぎて月に2回も料金振込みに行く羽目になり(※料金は時間定額制で先払い)その姿を郵便局で誰かに目撃されダンナに通報されると都合が悪い場合などは助かるかな~なんて考えてみたが、携帯の利用形態によっては思ったほど便利でもない事に気づいてきた。
携帯でもポストペイドサービスを利用しているなら携帯料金と一緒に一括して支払えばよいが、私のようにプリペイドカード使用して通話している場合は結局決済サービスを利用する前にネット料金支払いに十分な度数のカードを購入してこなくてはいけないので、どこにいても気軽に携帯で決済というわけにもいかないのである。しかも、MOBI'sの電波は時によってすこぶる悪くて、携帯の画面上は電波を十分キャッチしていると表示しているのにも関わらず、全く電話が繋がらないとか、友人にSMSを送るのに一時間近く掛かったとか、携帯の意味を為していない事が茶飯事なのである。(但しポストペイドで利用している人からはそういった苦情を余り耳にしないので、プリペイド利用者だけの悩みなのだろうか)
だからこのサービスを利用して急いで料金を決済しようと思っても、肝心のSMSがなかなか送信できず、気が付けば最寄の金融機関まで出向いた方が早かったという事も十分起こりうるわけ。そもそも、我が家の近所には普段利用している郵便局をはじめ、徒歩10分圏内で辿りつける金融機関が幾つもあるわけで、プリペイドカードを買いに行くのと、金融機関に出向く手間というのはそう変わらないのである。(金融機関も午前中以外はそう混雑していないし)

私にとってはこのサービス、土曜の午後や日祝日といった振込みが不可能な時間帯には役に立ちそうだけど、普段は息子と共にお散歩がてら、金融機関に出向いての振込みという方法を取る事になりそうである。敢えて便利なものを切り捨てた方が出会えるものも沢山あるのだから・・

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

起きてくれたらいいのに・・・(T-T) «  | BLOG TOP |  » 第3者は外に出せ!

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。