topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆の狭間で - 2005.11.24 Thu

出発2日前になっても何を持っていくべきか悩んでいるMic'oです(笑)冬は否応なしに厚手の衣服でかさ張ってしまうのですが、コートやジャケットもTPOに合わせて2、3着持っていきたいな~と思うと(お正月の挨拶周りなどもあるし)、これはもう圧縮袋に活躍してもらうしかありません。2ヵ月後には荷物が少なくても2倍以上増える事を考えると、行きの荷物はせめてスーツケース1つ分に押さえておかないと・・最近は荷物の超過分に対してかなり厳しくなってきたと聞きますしね。ところで、帰省するという事は嬉しい事でもあるけれど、同時にこちらの家族を残していくという事でもあり必ずも手放しで喜べない、という複雑な心境を経験された方も多いのではないかと思います。結婚を機に今後の人生の大半をボスニアで過ごす決断をしたのは自分で、この地で自分の家族を形成し生活の基盤も築きつつあるけれど、だからといって日本に残してきた様々なものを全て切り捨ててきたわけではないし、ましてやどこで暮らしていても切れる事のないのが絆。2つの土地にある絆も同じように大事だけれど、ボスニアに留まろうと、日本に帰省しようと、どちらかには寂しい思いをさせてしまう。帰省の時期や期間についてはダンナとも円満に話し合った上で決めた事とはいえ、未だに迷いはあるんですよ。内容は伏せておきますが、帰国を知らせた知人の1人からこんな私の気持ちに追い討ちを掛けるようなメールが届いて、少しだけ、泣きたい気分になりました。それを送ってきた本人は「ほんの軽口」な気持ちで書いたようで「冗談の通じない強気な性格は昔から変わらない」そうですが、相手のセンシティブな部分を平気で衝いてくる彼女も昔から変わらないのですけどね。(かくいう私もかなり物事をストレートに言う方ではありますけど・・)私もカチン!と来たところで感情を留めておけばよかったのかもしれないけど、夏に帰省しない旨を伝えるメールを送ったところ、「帰省しないとなるとご両親もがっかりするね~。海水浴にくらい帰ってくれば?」というコメントが届いた事もあり、「帰省すればダンナは置き去り扱いで、ボスニアに残れば今度はうちの両親が可哀想って、一体私にどうしろちゅーねん!!」という自分でも整理のつかない感情が爆発してしまったようです。そもそもジョークを大目に見れるような信頼関係がある間柄なら怒りも込み上げて来なかったと思いますけど。2つの土地に、2つの家族。この間でどうバランスを取っていくのか、これは今後も大きな悩みの種になる事は間違いないでしょう。でも、ボスニア生活の中では自分が築いている家族の絆を大切に、そして帰省の際には私が生まれてから生活を共にしてきた家族との絆を再確認しつつ、それぞれと過ごす時間を与えられた事に感謝しながら、限られた時間を楽しみたいです☆

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

乗る「前」からイタリアです(爆)→追記あり «  | BLOG TOP |  » 10days to go

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。