topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらぬ景色も視点を変えれば・・ - 2006.03.03 Fri

先日ドイツで行われた日本vsドイツも凍えそうな寒さの中で行われましたが、日本から戻ってからというもの春の訪れを思わせるような陽気が続いたボスニアも先週末から雪がちらつく事が多くなりました。

ここデルベンタも束の間の青空がのぞいた水曜以外は、窓の外は雪景色。でも、思い返せば昨年も同じように寒の戻りに溜息をついていたのでした。

snijeg2marta.jpg

PC机横の窓から見える景色はここ数日変わらないので、ちょっとこんなものを使って気分転換。

snijegkrozteleido.jpg

この写真、テレイドスコープをデジカメのレンズに当てて撮影したものです。テレイドスコープとは万華鏡の一種で、皆さんにお馴染みの万華鏡(カレイドスコープ)は中に入っているビーズなどの動きの変化を楽しみますが、テレイドスコープは先端が鏡になっていて、そこに映る外の風景が変化するのを楽しむというもの。
実家に帰省中近所のスーパーで万華鏡展が開催されていた折、場の流れで見学に行ったのですが、バラエティーに飛んだ様々な万華鏡、とりわけテレイドスコープに魅了されてしまいました。
イベント会場で自分用には購入したものの、お土産用に追加で買おうと思ったら案外見つからないものですね。散々大手スーパーなどで探した挙句、やっぱり通販で買うしかないかなー(しかし送料が現物一本分とほぼ同額なので躊躇)と思っていたところ、ダメもとで訪ねた大手文具店で発見。即決で自分用(予備)とお土産用の2本を購入しました。

案の定、おみやげに渡したダンナの親友一家は大喜びで子どものみならず、大人も興味津々で覗き込んでいたのですが、そこでダンナの友人の奥さんがナイスな一言。

「あら、小さい日本人がたくさん歩いてるわ!おもしろーい☆」

・・・その小さい日本人は、あなたのお姑さんですから・・(汗)
彼女は外の景色が変化して見えているということに気が付いていなかったらしいです。
その小さい日本人疑惑(笑)を掛けられたお姑さん曰く、一昔前万華鏡は「Kino(映画館)」と呼ばれていたとのこと。
ここでブログ新企画の発表なのですが、「Mic'in Svijet kroz teleidoskop」と称して、時々テレイドスコープを通じて見えたボスニアの景色も紹介していきたいと思います。かなり自己満足的な企画ではありますが、皆様にクスっと笑っていただけるような作品が紹介できればと思ってます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ボスニア代表 再び「サムライ」と対戦か?! «  | BLOG TOP |  » 今後の期待と不安と・・&自分にとっての「代表」

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。