topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出身地はどこですか?」 - 2006.05.08 Mon

先のトリノオリンピック金メダリスト・荒川静香選手がプロへの転向を発表しましたね。街角インタビューでは競技生活からの引退を惜しむ声が多く聞かれたようですが、スケート界からの引退ではなく、プロとして新たな気持ちでスケートを楽しみつつ、これまで通り(もしくはそれ以上に)美しいスケートで魅せてくれるのですから、新たな門出をお祝いしたいと思います。

さて、我が家のみっしゅ(息子)と誕生日が同じ事で親近感を感じていた荒川選手ですが、色々検索しているうちに彼女の出身地の謎を発見。これは彼女のお母様がマスコミから出身地を尋ねられた際、出産した病院がある品川を挙げた事から「東京都品川区」出身と報道されるようになったようなのですが、お母さまが出身地=出生した病院と答えてしまったのは、マスコミ側が出生地を「生まれたところです」と説明した為で、実際のところは当時住居を構えていた「神奈川県鎌倉市」が出身地だそうです。
でも、金メダル獲得後の凱旋パレードなどは仙台で行われているし、荒川選手といえば仙台、というイメージが強いですね。(※この記述は同選手関連のサイトで紹介されていた荒川選手のお父さまのコメントを参考にしていますが、大分前に読んだので出典が分らなくなってしまいました。もしサイトの管理人の方がお読みになって問題のある記述を見つけられましたら御連絡下さい)

これで思い出したのが数年前にある取材でサラエボの子ども達に生まれた場所を尋ねた際のエピソード。10人近くの子どもに質問したと思うのですが、彼らの口から出て来た答えは判を押したように「コシェボ!」。コシェボというのは内戦中サブグラウンドが墓地と化したサッカースタジアムやオリンピックの舞台となったゼトラリンクでお馴染みの場所ですが、この地区に建っている公立の総合病院では多くのサラエボ市民が出産に臨みます。(※妊娠中の検査はプライベートクリニックでもOKだけど、出産は公立の病院でのみ可能)
インタビュアーの私達としては出身地として「サラエボ市○○地区」という答えを期待していたのだけど、子ども達は文字通り生まれた場所=コシェボ病院を答えにしたということだったのです。そりゃ皆一様に答えが同じ訳ですよね(^^;)
私自身も母が里帰り出産した先の産院で生まれた為、出生地と出生時に住んでいた場所は異なるのですが、産院のある場所と自分が生まれた場所というのは余り結びつかないので、生まれた場所は?と聞かれたら当時住んでいた街の名前を挙げてしまうかも。「出身地は?」と聞かれたら、現在実家がある市の名前でしょうか。
でも、実際には1歳から7歳までは他の市で育っているし、実際のところはどこを出身地としたらよいのやら・・1つ救い(?)なのは全て同じ県内なので、県名で止めておけば迷う必要がないということでしょうか。

ところで荒川選手の「静香」という名前は、「静御前」と鎌倉にちなんで付けられたとの事ですが、子どもに自分の出自が分るような名前を付けるのもよいですね。でも、ボスニアを思わせる名前といって頭に浮かぶのは力士の四股名になりそうな名前ばっかりだったりで、まるきり命名センスの無い私なのでした(汗)(※実際にはボスニアの川や山にちなんだ名前もありますよ)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

W杯を食べよう part2 «  | BLOG TOP |  » 甘い人生

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。