topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Si vas para Chile.. - 2006.05.16 Tue

先日チリのミチェル・バチェレ大統領がバニャ・ルーカを訪問し、大統領評議会議員(※1)であるバラバツ氏と会談、そしてEUFOR(※2)の一員としてバニャ・ルーカ近郊に駐留しているチリ軍を慰問しました。
この後日に欧州連合(EU)・中南米・カリブ諸国首脳会議が開かれた為、この会議に参加する途中、どうせ近くまで行くのだからついでに自国軍が展開するバニャ・ル-カ(正確にはバニャ・ルーカを含むボスニア北西部)に立ち寄ったのだろうといった程度に考えていたのですが、私と同期でチリに留学していた友人によるとバチェレ女史は大統領に就任する前は国防長官(ministro de defensa)を務めていたそうで、そういった意味でも彼女にとって同国軍隊は特別な意味があるのではないかとの事でした。なるほどね~

(※1)ボシュニャ-ク人(ムスリム系)、クロアチア人、セルビア人の各代表で構成され、輪番で議長(=国家元首)を務める。現在の議長はクロアチア人のイーボ・ミーロ・ヨビッチ(Ivo Miro JOVIC)

(※2)ボスニアの和平維持の為展開していたSFOR(NATO中心)に代わり同様の目的で2004年12月から駐留するEU軍(EU-FORCE)。但しEU諸国だけでなくカナダやチリ、トルコといった非EU諸国も参加している。ちなみに私が住むデルベンタにはポルトガル軍が駐留。

eufor.jpg(EUFOR所有の車両。サラエボにて撮影)

私がチリ軍がボスニアに駐留しているのを知ったのは昨年夏の事で、友人2人とバニャルーカ市内の公園を散歩している時でした。手前からSFOR(当時)の軍人とその通訳と思われる女性が歩いてきて、こんな街中の公園をパトロール中なのかそれとも暇を持て余してお散歩中なのか・・と思いつつ通りすがりざまに兵士の腕に付いている腕章へ目をやると、これがなんと懐かしのbandera nacional de Chile(チリ国旗)ではないですか!

留学以来一度もかの地を再訪していない薄情な私なのに、国旗を目にした事でチリに対する懐かしさが溢れてきて、思わず兵士に握手を求めたくなったが、相手は勤務中(かもしれない)の兵士。そして私は団体行動の身。惜しいけど、ここは涙を飲んでチリ人の存在が確認できた事だけで感謝しよう。そう思って後ろ髪を引かれつつその場を離れつつあった私だったのに、人生は一期一会、恥は一時とばかり、この数分後「悪いけど、ちょっと先に行っててくれる~!!」と友人達に言い残し、逆方向へ去っていくチリ人兵士御一行様を追いかけ、ミュールで全力疾走していたのでした。(汗)

幸い、後ろからゼエハア言いながら迫ってくる東洋人女性に警戒して銃を向ける事無く、チリ兵士+通訳の方々は暖かく応対してくれました。しかも丁度彼らもティータイムにしようと思っていたところだったらしく、友人達が待っているカフェでしばし一服。思っていた以上に錆びがこびり付いたスペイン語(+通訳のお姉ちゃんの助け)でチリトーク。お約束(?)でチリのスラングに大ウケしたり、記念撮影したり、兵士の方々にも楽しんでいただけたようで、最後に1人の兵士の方が自分の腕から腕章を外し、裏面に3人のサインを入れてプレゼントしてくれました。

zastava.jpg

思いがけなく、記憶だけのみならず形にも残る思い出ができて満足した一時を過ごした私ですが、慢性運動不足な上にヒールの高いミュールでのダッシュが相当こたえたようで、翌日はまともに歩く事ができないというオチがついたのでした(泣)
ちなみにボスニアで日本人を見かけても全力疾走で追いかけていく事はないので、訪問予定(もしくは滞在中)の皆様はご安心下さい。
そもそも旧ユーゴにこれほどの関心を持つようになったのはチリ留学中のある出来事(といってもサッカーの試合ですが)がきっかけでもあるし、もう長い事その土を踏む事はなくても、私にとって特別な思い入れのある国には違いありません。残念ながら普段の生活にチリとボスニアの繋がりを感じる事は殆どないのですが、チリ大統領の訪問やチリ軍兵士との出会いに小躍りする自分の心の中でボスニアとチリが繋がっていることを感じるのでした。
♪ Si vas para Chile, te ruego viajero,   le digas a ella que de amor me muero・・        (「Si vas para Chile」より一節)

※「Si vas para Chile」チリ国民の間でよく知られている祖国への望郷の想いを込められた歌。検索したところ、日本でもさだまさしが歌っていた事が判明(さだまさしサイトに歌詞あり。但し英語バージョン)
www.sada.co.jp/masashi/lyric/esivaspa.htm

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

気になる事×2 «  | BLOG TOP |  » W杯を食べよう part2

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。