topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる事×2 - 2006.05.20 Sat

明日(土曜)から数日間出張にでかけるMic'oです。この出張中に国外で起こる予定の出来事で気になる事が2つあります。1つは欧州諸国を代表する歌手が競うEUROSONG。ここ数年は毎年サイトやブログにて結果をお伝えしていますが、今年は土曜の本選に先駆けて昨日(18日)に予選が行われました。
「ビッグ4」と呼ばれる前年の結果に関わらず直接本選に出場できる国(確かイギリス、ドイツ等→未確認です)+昨年好結果を出した国はこの予選は免除されるのですが、ボスニア・ヘルツェゴビナは昨年の結果が振るわなかった為、今大会は予選からの登場となりました。
今年のボスニア代表ハリ・マタ・ハリと楽曲「レイラ」に関しては3月7日付けのブログ「ここらで本気をだしてきた?!」紹介したのでここでは省略しますが、予想よりもシンプルなパフォーマンスだったにも関わらず問題なく予選をクリアし本選へ駒を進めました。
本日夜7時のニュースでも予選通過のニュースが取り上げられ、ボスニア国民のハリ・マタ・ハリに期待する声が紹介されましたが、60代くらいの男性のコメント「ああいった大会には色々裏があるから、7位か8位には入るんじゃなかろか」という現実的な声も(^^;)裏というか、投票は周辺国もしくは友好国同士の票の与え合いが大きく響きますから、旧ユーゴ諸国(+旧ユーゴ移民の多い国々)から高得点が期待できるボスニアは逆に優位なのではないかと思うんですけどね。ハリ・マタ・ハリには本選でも大人の歌をシットリと聴かせてもらいたいものです。もし、ボスニアが優勝という事になったら出張先のサラエボは盛り上がるだろうなーとちょっと期待しております。Sretno!

そして、もう1つ気になる事といえば、日曜に行われる独立の是非を問うモンテネグロの国民投票の行方です。55%が「Za」(独立賛成)に投票すれば、いよいよ旧ユーゴが完全に解体するわけですが、もしこの数字に満たなかった場合は3年後に再度独立の是非を問うことになるそうです。また独立後の在セルビアのモンテネグロ人のステータスも大いに気になります。(勉強不足ですみません>汗)

kojeprotivnik.jpg
↑の風刺画は3月にバニャ・ルーカのギャラリーで展示されていた作品の1つです。既に開幕まで1ヶ月を切ったW杯がテーマで、大会の抽選会で司会が「この試合前半セルビア、後半モンテネグロと戦う国は・・」と抽選結果を発表しているシーンです。本当微妙な時期のW杯出場となりましたが、秋からのEURO2008予選にはそれぞれセルビア、モンテネグロとして出場する事になるんでしょうか?

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

いちご三昧 «  | BLOG TOP |  » Si vas para Chile..

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。