topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の国より遠くの母国☆ - 2006.06.18 Sun

W杯の生き残りをかけた戦い、日本vsクロアチア戦は今夜キックオフですね。国境に近い我が家からクロアチアまでは、サヴァ川を挟んで直線距離で10km足らず。必勝を願うクロアチア人の熱気が川を越えて伝わってきそうです。
とはいえ、私が応援するのは10km先の隣の国、ではなくその1000倍離れた遠くの母国です。先のオーストラリア戦では夫が家のどこからか日本国旗を見つけてきて、それを息子が気まぐれで振り回していましたが、試合後も所構わず振り回して危険なのでどこかに隠したきりどこに仕舞いこんだのやら・・(汗)今日は日本戦を前にTVも朝からこの話題で持ちきりでしょうね~。
今朝発行のクロアチアの日刊紙「Jutarni List」ではペインティング用の白と赤のペンシルが付録についてくるそうですが、これは日本の日の丸にも使えるかも・・(いや、それはやめた方が・・>汗)

W杯といえば、W杯開始直前からTVCMはサッカーにちなんだものが大半なんですが、クロアチアのビールKarlovacko PivoのCMには日本人サポーターも登場します。Karlovacko Pivoは「Karlovacko Korner」と呼ばれる特設広場を設けていて、クロアチアの試合当日にはスクリーンでの試合観戦に加え野外コンサートも催しているのですが、クロアチアと対戦するブラジル、オーストラリア、そして日本のサポーターがそのCMに借り出されているのです。
コマーシャルはブラジルとオーストラリアのサポーターがそれぞれお国訛りが強いアクセントでクロアチアの歌(サポーターソングなのか?)を歌った後「Mogu li sad dobiti karlovacko Pivo?(これでカルロバチュコ・ビールもらえる?)」といってビールを受け取るといった内容。ブラジル・サポ編とオーストラリア・サポ編と来て日本サポ編か?と期待してたら、全くオンエアされる様子がなく、「何だ対日本戦の時はコンサートも試合観戦もないのか?!」と思っていたら、既にCMデビューした2人と共に日本人サポ、日の丸ハチマキに日本代表ユニフォーム姿でようやく登場しました。肝心のCMではバーのカウンターに座って3人応援に盛り上がってます。応援って、それぞれの母国のではなく、クロアチアの、ですよ(汗)挙句「Mi Hrvati!(俺たちゃクロアチア人だ!)」コールで締めです。まあ、このCMのキャッチコピーが「Svi smo mi Hrvati(俺達皆クロアチア人)」ですから、国籍・肌の色、そしてW杯でのグループが一緒でも関係なく皆でクロアチアを応援しようという事なのでしょう。まあ、日本戦の時にはクロアチアに反旗を翻さざるをえないですけどね(^^;)

それはそうとどうして日本人の彼だけクロアチアの歌を歌うソロバージョンのCMがないのかと不思議でしたが、Karlovacko Kornerのサイトに行ったらちゃんと彼のクロアチアソング・バージョンも画像が観れるようになってました。贔屓目ではなく他の2人よりも上手く歌っているのにどうしてオンエアされないんでしょう?ちなみに日本人サポが胸に手を当てて絶唱しているのはクロアチア国歌ですが・・このCM、余り頻繁にオンエアされている為、ついには我が家の息子までCMの3人に合わせて「ババンババンバン(←カウンターを叩く音)ヴォリーモ フルヴァツク~(クロアチア 愛してるぜ~)」やら「ミ (スモ) フルヴァティ(俺たちゃクロアチア人だ)!ババンババンバン)」とつぶやき始める始末。ダンナも私も思わず笑っちゃいましたが、君はクロアチア人ではないのだよ~(^^;)今日は日本の応援だよ~!!

W杯中継のCM枠を殆ど買い占めている感さえあるKarlovacko Pivoですが、同じビール会社で本来代表の公式スポンサーでもあるOzujsko PivoのCMは申し訳程度に放映されています。代表スポンサーって優先的にCMもオンエアしてもらえるものなのかと思ってましたが、そうではないんですね。私個人的はOzujskoのニコ・クラニチャ-ルが起用されているCMの方が好きなんですけど・・とにかく、両者とも勝たない事には明日はない仁義無き戦い。熱い試合を期待しています。

<追記>先日のブラジルvsクロアチア戦終了後からボスニア南西部のモスタールではクロアチア人とボシュニャ-ク人(イスラム教徒)の間で衝突が起きています。昨日もクロアチアのユニフォームを着用して歩いていたクロアチア系オーストラリア人が殴られたというニュースが入ってますし、もしこのブログを読まれている方でW杯期間中にモスタル方面(もしくはボスニアの民族間の緊張が強い地域)に行かれる方はこうした衝突に巻き込まれないようお気をつけください。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

イビツァ・オシム 日本代表監督就任(か?) «  | BLOG TOP |  » 沈黙は金

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。