topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イビツァ・オシム 日本代表監督就任(か?) - 2006.06.25 Sun

日本ではうっかり(?)口を滑らせてしまった川渕キャプテン(=日本サッカー協会会長)のコメントから、既にボスニア出身で現・ジェフ千葉監督のイビツァ・オシム氏(※メディアでは「イビチャ」が定着しているようですが 「イビツァ」が本当の発音)が次期日本代表監督就任確定とのニュースが一気に広まってますね。
ここ最近はクロアチアのTV局・HRT2のW杯ゲストコメンテーターとして姿を見かけていましたが、日本サッカー協会との話し合いはクロアチアもしくはTV出演の合間を縫ってドイツで行われていたのでしょうか?

数日前からオシム氏が日本代表監督の有力候補に挙がっているというニュースは入って来てましたから、「ああ、とうとう決まったのか~」というのが第一報に対する感想でしたが、同氏の出身国でもあるここボスニアのニュースでも取り上げらるかと思ってBHT1(ボスニアTV1チャンネル)の19時のニュース開始と同時にTVの前に陣取ったのですが、スポーツニュースは全くこの件に関する情報なし。同TV曲のサイト版の方ではボン発FENA/AFPの報道としてオシム氏が日本の次期監督に最も近い存在として日本サッカー協会側と話し合いを持っている人物であり、この最終決定は7月初旬になる、と伝えられています。また、ボスニアスポーツ関連のサイトでもオシム氏と日本サッカー協会側との話し合いが持たれていること、また、川渕キャプテンの談話として、早くオシム氏と契約を結びたいと思っており、同氏が日本代表次期監督に就任するチャンスは現時点で80%でW杯が終了する7月9日までにははっきりさせる、と紹介されています。

日本では既にオシム監督で決まり!という論調ですが、私が検索した範囲では今日(24日)時点のボスニアのメディアはまだ確信を得ていないという取り上げ方です。きっとオシム体制発足が確定されるのも時間に問題なのでしょうが、オシム氏本人のコメントも是非聞いてみたいところです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

聖母出現!から25年 «  | BLOG TOP |  » 隣の国より遠くの母国☆

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。