topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙できない人への対処法 教えます - 2006.07.11 Tue

先日「沈黙は金」という記事をUpしたが、今回は頭突きをしなくても(汗)執拗に神経を逆立てる言葉を投げつけてくる相手を黙らせる事ができる対処法を書いてみたいと思う。

昨年のある日の事、知人と2人で街を散歩しているとある女性に声を掛けられた。この女性、知人の夫の親類で私とも面識があるらしいのだけど、私にとっては記憶の片隅にも存在がない人。まあ、とりあえず挨拶しておこう、と思ったのだが、向こうは挨拶代わりと思ったのか「まあ、あなたまた太ったわね~」と来た。・・また出たよ~「デブ」呼ばわり(--メ)というより、アンタといつ会ったよ?

以前サイトの方でも挨拶代わりに「太った?」と聞かれて憤慨した話を書いた事があったけど、その時は「何で会う度にデブデブデブデブ言うわけ?あんた他に聞く事ないわけ?」と逆襲に転じた事で相手を沈黙に追いやったのだった。でも、今回は作戦変更ニッコリ笑って笑って~~~「ええ、そうなんです~。だってオットが沢山食べさせてくれるからつい太っちゃって~。こういうのって幸せ太りなのかしら~^0^(本当はストレス太り>汗)」相手も一瞬不意打ちを食らった表情を見せたが、直ぐに「それはよかった。ハッハッハッ」と一緒に笑い始めた。
その後、デブ呼ばわりされた当の私より一緒に歩いていた知人の方が「全くここの人って(注:知人は外国育ち)失礼な事平気で言うよね~」と何故か失言に対して憤慨していたけど、まあ、本当にデブだから仕方ないし(汗)、こちらの不意打ち的な対応にどう反応していいのか一瞬戸惑う相手を見るのも結構楽しいものである。「アハアハ」とひきつり笑いしながら何の考えなしに口から出た一言を後悔しているような人もいるけど、それは仕方がないの。だって相手がどう思うのか何の考えもなしに言葉にしちゃうあなたが悪いんだもの(^^;)

そしてこの翌日、オットが発言の主に出会ったのだが(どうやら割と近所に住んでいるらしい)先日の失言の件のお詫びのつもりらしくぬいぐるみを貰って帰ってきた。オットは私達のやり取りについて話を聞いて知っていたので、思わず笑ってしまいそうになるのを押さえていたらしい。私は何でも言った者勝ちになんかさせるつもりないので、沈黙できない方はそのつもりで声を掛けてくださいね(笑)笑えるけど一瞬「ドキッ」とするような応えを用意してお待ちしてますので☆

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「隣のママはどうしてる?」マケドニア育児編Upしました «  | BLOG TOP |  » 保存版(?)旧ユーゴビール名鑑

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。