topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りだ 祭りだ~!! - 2006.07.16 Sun

日本でも京都の祇園祭の様子が伝えられる季節になりましたが、夏といえば祭りだ、祭り!というわけでボスニアをはじめ旧ユーゴ地域でも祭り真っ盛り。まあ、祭りといってもフンドシ姿の男集がお神輿かついでワッショイとか盆踊りで通りを練り歩くわけではなく、大半がサマーフェスティバルと称したコンサートや映画祭といったイベントです。

サマーイベントの規模としては南東ヨーロッパで最大規模を誇るといわれるセルビアはノビ・サド市の「EXIT」をはじめ、連日各都市では色々な催しものが行われています。クロアチアの携帯会社「T-mobile」のCMでもバーッと同国内で今夏催されるイベント名がダーッと紹介されているのですがこちらも演劇やらジャズフェスティバルやら映画祭やら盛りだくさん。サマーイベントという枠組からは外れるかもしれませんがこのブログを書いている時点ではW杯決勝前にも歌声を披露したシャキーラのコンサートが行われています。いいな~☆
そしてここボスニアも他の旧ユーゴ諸国に負けずイタリアの有名歌手エロス・ラマゾッティやスパニッシュギターの大御所パコ・デ・ルシア、そしてあのホセ・カレーラスなど早々たる面々が招待された「Zetra Festival」、そして同じく国内外のアーティストを招いて開催中の「Bascarsijske noci」がサラエボの夏の夜を熱くしています。(追記:初回Upの際寝ぼけていた為出演者の名前が激しく間違えておりました>汗)
なんと12日の「Bascarsijske noci」には日本でも活躍されているヤドランカ・ストヤコビッチさんが現地のアーティスト(ダミル・イマモビッチ)&琵琶奏者をはじめとする日本のアーティスト数名と共にゲスト出演しました。コンサート直前に放送されたニュースでコンサートに関するインタービューを受けていたヤドランカさんは久々の母国でのコンサートを前に各メディアから取材が殺到した為なのか少々声が枯れている印象がありましたが、その後のステージは無料という事も手伝ってか満員御礼で大盛況の内に終了したようです。
「Bascarsijske noci」の公式サイト(英語)はこちらからhttp://www.bascarsijskenoci.ba/o_nama_eng.htm
今月末まで開催されているので、この時期にサラエボを訪れる機会がある方は是非足を運んでみて下さい。

もちろんサラエボだけではなくボスニアの各都市で様々なイベントが開催されていますが、私が住んでいるデルベンタでは8月29日から始まる「Vasar」と呼ばれるお祭りです。一応文化的なイベントも企画されるのですが全体的には日本の盆踊り(踊らないけど・・)や七夕といった雰囲気といった感じで、様々な出店や移動遊園地で連日夜遅くまで賑わいます。デルベンタに移ってから8年になるというのに子どもができる前は余り興味もなかったし、息子が産まれてからは毎年夏は日本で過ごしていた為、初めて一夏をこちらで過ごした昨年ようやく「Vasarデビュー」を果たした私。まず息子とオットが2人で偵察?に行った際買って来てくれた綿あめに釣られて(汗)私もようやく足を運んでみようという気になったのですが、昔家族で連れ立って出かけた懐かしいお祭りの匂いが漂っていて思ったよりも楽しめました。また、国外からわざわざVasarに合わせて帰省する人達もいるので、祭り会場のあちこちで思いがけない再会を果たしたりする事も。夏の星空の下で芸術を楽しみのも風流だけれど、出店をひやかし久々に帰郷した友人知人との再会を楽しみながらVasarの会場を練り歩く、というVasarの光景が私の中でボスニアの夏の風物詩の1つに定着したようです。
vasar20052.jpg
住宅街のど真ん中で行われるVasar。お祭り騒ぎは夜中まで続くのでVasar期間中周辺の人は寝不足気味と思われ・・
vasar20053.jpg
大型テーマパークと比べたらちゃちいですが、様々なアトラクション大集合。
vasar20055.jpg
父子親連れの間では一番人気らしいバイクサーカス。題して「死の壁」
20056.jpg
また色とりどりの綿あめです。これをつまみながらVasarを散策。但し混雑の中他人にくっつかないよう注意しないといけません

ところで、相互リンクして頂いているモンテネグロはコトールにお住いのmaityさんがブログ「コトールびより」内でコトールスキ・フェスティバルについてレポートして下さってます。こちらは子ども向けの要素が強いようですが、maityさんも大いに楽しまれたフェスティバルの様子が詳細に綴られてますよ^^(追記2:かなり睡魔に襲われていたと見えかなりの箇所に誤記を発見しました。大変失礼しましたm(__)m)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

正統派(?)ヨーグルトの敗北 «  | BLOG TOP |  » 「隣のママはどうしてる?」マケドニア育児編Upしました

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。