topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙だって.ba! - 2006.10.01 Sun

オーストリア、ハンガリー、ブラジルと世界各地で選挙が行われる10月初めの日曜日ですが、ここボスニアでも本日7時から普通選挙の投票が始まりました。

今回の選挙で選出されるのは

大統領評議会議員 3名(ボスニアの3主要民族の代表で構成され、この議会の議長が国歌元首となる)
閣僚評議会議員 ボスニア連邦側より28名、スルプスカ共和国より14名で計42名(この議会の議長が首相に相当)
スルプスカ共和国議会議員 83名
ボスニア連邦議会議員 98名
スルプスカ共和国大統領及び副大統領 3名(大統領1名、副大統領2名 ※大統領がセルビア人である場合、副大統領は他の民族から選出される)
ボスニア連邦内に10存在する県(カントン)レベルの議会議員 (県により23名~35名)
です。

ボスニア・ヘルツェゴビナ中央選挙管理委員会の発表によると、9月15日現在で選挙人登録しているのは2,755,207人で、うち指定投票所での投票者は2683199人で、残る投票人は不在者投票もしくは郵送での投票となります。

上記の選挙データについて参考にしたのは中央選管の公式サイトなのですが、このサイトのドメインはwww.izbori.ba。「ba.」はいうまでもなくボスニアのカントリーコードなのですが、特にサラエボ辺りの表現だと「~だってば!」といった感じの強調表現として使われる事があるのです。ボスニアでもウチの方では「Bolan」とか「Bona」、セルビアに行くと「Bre(これはちょっと響きがきつくて苦手・・)」になるんですが、選挙関連のCMで中央選管のURLを読み上げる度に「選挙だってば!」「選挙だっぺよ!」「選挙だがね!」「選挙やねん!」と頭の中で切替えられ、1人笑いをこらえております。(アホですか?)

選挙前日の午前7時で選挙運動は終了しましたが、日本でのおなじみのウグイス嬢が声高らかに清き一票をお願いする選挙カーは走っていないものの、先日出張で訪れたサラエボでも5月のユーロビジョンで3位入賞したハリ・マタ・ハリがSDAのコンサートに参加したのをはじめ、各政党とも国民の関心を引く為に必死の活動を展開してきました。私が住むデルベンタでも肉加工会社がバックについている政党は市民にバーベキューを振舞ったり、グッズを配ったり。我が家の向かい側が丁度ちょっとした競技場なのですが、そこでも幾つかの政党が決起集会が催されました。

選挙グッズ1


出張先のサラエボでゲットしたGDSのライター。表面には「喫煙を止めてGDSに投票しましょう」とある。禁煙を呼びかけるならニコチンガムを配ればいいのに・・・

選挙グッズ2


SDSは今回の選挙でシンボルとしている3色の編み縄(?)をミサンガにして市民に配布(写真は参考)




ここで決起集会を行った政党の一つ、SNSDはスルプスカ共和国の首相を務めるミロラド・ドディック氏が党首であり、今回の選挙では他のスルプスカ共和国側の政党を大きく引き離して圧勝するのでは?と予想されています。メディアがSNSD寄りなのでまあ話は半分に聞いておくとしても、スルプスカ共和国側の首都であるバニャ・ルーカを中心にかなりの票数を集める事と思われます。ただ、党首であるドディック氏、この5月にはモンテネグロ独立を機にボスニアからのスルプスカ共和国独立を示唆するような発言でボスニア国内に波紋を投げかけたりと(この発言は選挙を睨んでのものといわれてますが)、ちょっと問題発言が多すぎですが>汗
今回デルベンタからは共和国議員に3人の候補を選出したSNSDは選挙約1週間前に決起集会を開催。集会直前から老若男女問わず署名すればもらえるという政党カラーの赤い帽子やシャツを身に着けた人が我が家の前を往来してました。勿論党首のドディック様御一行もいらっしゃるという事で我が家一帯まで警察による厳重警備です。
集会がスタートすると政党のテーマソングやら候補者の演説やらとガンガン音響が響き渡り、集会の盛り上がりが否応なしに我が家にも伝わってきたのですが、一瞬会場に静寂が戻り「やっと終わりか~」とTVのスイッチを入れたところ、突如

ババババババババババーンとも、ドドドドドーンともつかない大音響が!!!!∑(-□-;)
そしてワーッという集会参加者の声

もしや、SNSDの反対勢力が警備網をかいくぐって攻撃に出た????

と思わせる勢いの爆音の正体は

花火でした(汗)



でした。(汗)

日中洗濯物を干してたら、なにやらアパートの屋上で作業している3人組がいたので屋根の修復でもしているのかと思っていたら、花火の発射台を設置してたのね。でも、花火の音がTVなどで耳にする対空砲(?)の音にそっくりだったのでドアを開けて状況確認するまでは背中に冷や汗が流れましたよ。本当に。
そんな早合点なママを尻目に、息子は「日本と同じだ~(日本で花火大会を観たので)キレイね~☆」と夜の帳が下りてきた空に放たれる花火を堪能していたのでした。平和って素敵ね…・

選挙は今日の夜7時まで投票が行われますが、結果は出来レースなのか、それとも意外な政党が躍進するのか、結果についてはまた後日に。

● COMMENT ●

>禁煙を呼びかけるならニコチンガムを配ればいいのに・・・
全くその通りです。禁煙呼びかけてるのにライターだなんて、お茶目すぎ!

それにしても、「ba.」ひとつとっても、色々ありますね~。「だっぺよ!」と「だがね!」がツボに入りました(笑)

それはそうと本題の投票結果が気になりますね。

どうせライターだったら、効果のない禁煙の呼びかけよりも「火遊びは止めようね」の方がよかったかも(^^;)

>それにしても、「ba.」ひとつとっても、色々ありますね~

モンテネグロではどんな表現になるのでしょうね~?「ba!」と日本語の「だってば!」は重なる部分があるので、何か聞いてると笑っちゃうんですよね。サイトのURLも「○○新聞だってば!」(会社だとorgになっちゃうのかな?)とか日本の電話番号を語呂合わせで覚えるみたいになっちゃいます。

選挙は、結局出来レースのようです(汗)真夜中に勝利の花火打ち上げるのでうるさくて眠れやしない・・・(怒)

続きです

セルビア人多数のスルプスカ共和国では出来レース状態でしたが、7時のニュースを見るとありえない!と思われていたことが発生!!

これはまた後日にということで・・

あはは。私も食いついちゃった。
禁煙を促しているメッセージつきのライターって・・どういう考えなんだろう?
選挙で宣伝に色々くれるのねえ。ドイツはどうなんだ??
爆竹。これまたなんだかお祭りみたい。

結構気合を入れてUpした(つもり)割には余り食いつきが良くないネタぽかったので、光ちゃんママに食いついていただいてよかったです(笑)

選挙で色々グッズをくれるのはいいんだけど、この選挙資金っていうのが、オットの話によるとどうやら政府予算から出ているらしく、この散財によって年末には国の財政はかなり酷いことになるらしいです(汗)うち公務員なのでもろ影響を受けそうです(号泣)

爆竹というか、花火だったんだけど、数分間鳴り続けて結構すごいことになってましたよ。まさかアパートの屋根で花火上げるなんて考えも及びませんでした。

そうそう、体調の方どうですか~?

花火だったんですか。
写真を見て、空爆かと思いましたよ。(本気で)
それにしても選挙活動のレベルが随分高いですねー。お金もかかっていそうだし...。
ちなみにご家族のどなたかは投票に行かれんたんですか?
わたしは...最後に選挙権を行使したのがいつだったか、全く覚えていません...。

花火は一瞬私も「ギョッ」としましたよ~。

選挙活動のレベルが高いんじゃなくて、単にお金の使いっぷりがよいだけかと思われます(汗)これって後から国民にしわ寄せがくるらしいですよ~。はぁ・・・

我が家では唯一の選挙権保持者であるオットが投票に行ったようです。
ちなみに私は永住権はあってもボスニア国籍はありません(とるつもりもない)ので選挙権もありません。
日本の在外選挙登録はしてるんですが、面倒なので権利行使してません(汗)



こちらでははじめまして!
多分、あのライターのガスは腐った玉葱臭強力タイプなんですよ。すっごく臭いのでみんな煙草吸う気力も失うような。

日本でも政党助成金はありますけど、財政を揺るがすほど大盤振る舞いって・・ええんかい?(笑)日本でも一升瓶が玄関前に置いてあったり郵便受けに500円札が投げ込まれたりとかあるそうですが、そちらではそこまで露骨ではないのかな。

さて「ありえない!」ってニュースとは??

>moscow_91@喫煙者さん

コメントありがとうございました。

>>多分、あのライターのガスは腐った玉葱臭強力タイプなんですよ。

なるほど~。臭い匂いで禁煙を元から断つと。でも皆チェバピ食べた後は生タマネギ臭いので(汗)、タマネギの匂いには免疫ができてるかも・・生ゴミの匂い位にしておかないと!

色々話を聞いているとその位露骨な事も影ではあるらしいですよ。それで票が入るかといえばまた別の話かもしれませんが・・っていうか500円札ってかなり懐かしいですね☆

「ありえない」ニュースというのは大統領評議会議員に、ムスリム系のSDPから出馬したクロアチア系候補が当選してしまったという事です。ボスニア内のクロアチア人の間にかなりの波紋を呼んでるようですが、クロアチア系の評議会議員といってもバックがムスリム系の政党では実質クロアチア系の代表ではないですし、クロアチア系としては心穏やかではないですよね。





500円札でなくて5000円札でした(汗)

その手の事、巻き込まれると近所付き合いもあるのでかなり気を遣うらしいです。大家族(有権者が多い)だと色々あるとか。難しいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/tb.php/10-550715fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤いバディーが悩ましい秋 «  | BLOG TOP |  » リチャード・ギア御一行様の到着なり~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。