topimage

2017-09

マック破れてもオシャレは健在☆~目抜き通りの”ファスト”事情~ - 2017.09.30 Sat


2012年10月にボスニア第4号店としてオープンした北部・バニャルカのマクドナルド(以下マック)
開店当時の事は『頭文字「M」その②~赤いマック?それとも、緑のマック?~(http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-621.html)』 のタイトルで記事にしました。

それから2年少し過ぎた、2015年2月。
マック・バニャルカ店、あっけなく閉店・・・
不景気だからとはいえ、周辺のカフェは繁盛してますし、やはり現地のファストフードに比べたら割高感があったのでしょうか。
ポテトとチーズバーガーのセット(ドリンクは別)はリーズナブルで、小腹が空いた時に重宝していたのですが、何はともあれあっけない撤退でした。
目抜き通りだから人も結構人も入るんじゃないかと思ってましたが、もしかしたらショッピングセンターあたりに出店した方がうまくいったのではないかという気がします。

マックが撤退し新しい入居者を待つ店舗。
詳しい事は後述しますが、新しいお店が入るまでの約2年、シャッターが閉じた状態が続きます。

macbl.jpg

一方、「ファスト」はファストでも、マック無き後もこの通りで幅を利かせているのが「ファスト」ファッションのお店。
ここで目抜き通りにひしめくファストファッションのお店をご紹介しましょう。

まずはイタリア発のファストファッション terranova
33ヶ国で約560店舗展開しているそうですが、日本上陸はまだかな?
シンプルなデザインと幅広いサイズ展開が特徴のようです。

20170928_122747.jpg
意外にも(?)周囲の人々から好評を頂いた帽子もここのバーゲンで購入したもの(多分70%か80%引きだったかと)

写真 4 (9)

こちらは日本でもおなじみのスペイン系ファストファッション MANGO
この通りのファストファッション系の中では少しお高めな感じ。

20170928_122955.jpg

そういえば以前店の中を歩いてたらこんなトレーナー発見しました(笑)

B-NNYCZIEAApeTF.jpg

ワイキキという店名から、(ほぼ)海なし国にまさかサーフ系ファッション進出?!と思わせたLC WAIKIKIですが、トルコのファストファッションでした。(サーフ系とは全く関係なし>笑)
ショップの紹介記事を読むと子ども服に定評があるようです。(そういえば、息子の小学校卒業パーティー用のスーパースキニージーンズとシャツもここで買ったわ)

20170928_122917.jpg

そして、この夏。目抜き通りを歩いていると、元マック跡に異変あり?!何やら改装工事をしている模様。
新店舗の名前らしき下に「近々オープン」とありますが、私が夏の日本帰省から戻る頃には新たな何かが出来上がってるのか?

defacto.jpg

夏もとうに終わり秋の空気が濃くなりつつなってきた先日、所用で約3か月ぶりにバニャルカを訪れたところ既に改装が終了しオープンしていました。
こちらも予想通りファストファッション。今回オープンしたDe FactoもLC WAIKIKIと同じくトルコ生まれのお店のようです。公式Hpによると現時点ではボスニアを含む19か国で展開しているそう。
ここは服だけでなくスニーカーやブーツなどの種類も豊富かも。
グリーンのブーツに心惹かれたのですが、グリーンに合わせる服が余りないので断念し、街歩きの時に重宝しそうなベージュの靴を購入しました。

DK5a_40W0AERHnx.jpg

ボスニアは秋の気配も深まり、特に朝晩は暖房を入れる事も。ボスニア旅行中にもう一枚羽織るものが欲しいなと思ったらこうしたファストファッションのお店で購入してみるのもよいかも。(De Facto以外はバニャルカ以外の都市でも展開してます)




ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/







(お知らせ)9月29日から10月31日の間にサラエボ空港から出発される予定の方へ - 2017.09.25 Mon


サラエボ空港公式Hpによると、9月29日から10月31日まで荷物コンベヤーシステムとチェックインカウンターの延長工事に伴い空港内の混雑が予想されるそうです。
そのため、フライドバイ及びワタニア航空で出発を予定されている方は出発予定時刻の3時間前、その他の航空会社で出発される方は出発予定時刻の2時間前にチェックインカウンターに来て欲しいとの事ですので、該当期間にサラエボ空港から出発を予定されている方はご注意下さいませ。
Information for travelers(空港公式サイト)
http://www.sarajevo-airport.ba/tekst.php?rnd=1506292059&kat=6&id=108&lang=eng


サラエボ空港といえば、まだまだ就航便数は少ないものの、8月の利用者数は14万4330人と前年同月に比べ22%増加しているなど着実に利用者数を増やしており、10月末からカタール航空が就航すると更にその傾向は強まるのではないかと思われます。
現地紙の報道によると今年末からはターミナルの拡張工事も始まるようですが、こうした工事に伴い今後空港利用の際の変更点も出て来るかと思いますので、情報が入り次第ブログでお知らせしていく予定です。

(追記)
8月末からはビジネスクラス利用者、各旅行会社の上級会員、EUFORやNATOの職員、VIP等を対象にしたファストレーンの運用が開始されたようです。
Fast Lane at Sarajevo International Airport
http://www.sarajevo-airport.ba/vijest.php?id=548&lang=eng



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」




定点観測、異常あり?!~我が家の夏祭り事情・2017~ - 2017.09.23 Sat


やたら長い夏休みを締めくくるのが8月末のお祭り・バーシャル。
子どもが友達と祭りに行くようになって以来、夫婦2人で祭り会場を一周し、10数年来顔見知りの綿あめ屋さんで綿あめとポップコーンを買い、近所のカフェでお茶して帰るというのがお決まりのコースに。
夕方のまだ会場が空いてる時間を狙って行くのですが、会場を出る頃には結構人出も増えています。
(それでも平日なのでまだそれほど混雑してませんが・・)
このお祭り、100年以上の歴史があるのですが、毎年約1週間近く続き、しかも大音響の中午前2時頃まで行われています。会場から約1km離れた我が家までガンガン響く音響の中、会場に隣接する集合住宅の人達がどうやって眠りについているのか、毎年気になっております。

※過去の祭り関連の記事がありますので、もしよろしければご覧ください☆(各タイトルをクリックして頂くと記事に飛びます)
君がいた夏は~我が家の夏祭り事情~
祭りだ 祭りだ~!!

Vasar2017

さて、例年ならメイン会場に入ってすぐのところにある綿あめ屋さん。
あれ、いつものところに綿あめ屋の屋台はあるけど、顔見知りのおじさんじゃない!Σ(-0-;)




そういえば、ここ数年綿あめの屋台が増えたな~、と思いつつ歩いていと、次の綿あめ屋を発見。しかし、ここにもあのおじさんはおらず。その後もいくつか綿あめの屋台は見かけど、おじさんの姿は一向に見当たらず・・
もしや、今年は出店をあきらめたのか、それとも猛暑で体調を崩したのか・・
vasar11.jpg


と、ほぼ会場一周し終えたその時、おじさん発見!!

vasar5.jpg


全く予想外の場所で商いをしていた綿あめおじさん。聞けば、いつもの場所は先に予約されてしまってたのでやむなく場所を変えたそうですが、「まあ、ここも悪くないよ♪」と。
10年以上祭りの場で顔を合わせているけど、未だ名前も知らぬおじさん。でも、息子と同じ位のお子さんがいるという話をちらっとしてた事があったので、冷静に考えたら年齢余り変わらないような・・(^^;)
vasar.jpg


商いの場所は代われど、綿あめが夫の顔の2倍近い大きさなのは変わらず。一方、これまでは普通の白い紙袋に入っていたポップコーンですが、今年はロシアのアニメ「マーシャと熊」のイラスト付きの箱に入ってました。
それにしても、ポップコーンの箱といい、入口で子供と写真撮影するのに立ってる着ぐるみといい、ここ数年は子供いるところにマーシャと熊ありですな。少し前までは祭りといえばテレタビースの着ぐるみでしたが、これも時の流れか・・
ma-sha-COLLAGE.jpg



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」




あれもこれもようやく・・(笑)~カタール航空 ドーハーサラエボ路線が10月末より就航~ - 2017.09.10 Sun

ご無沙汰しております。私のブログもようやく更新でございます。
まずこれがまず一つ目の「ようやく」なのですが(笑)、それは置いといて、ボスニアへの旅を予定されている方、また希望されている方にとって「ようやく就航するのか!」と喜びたくなる嬉しいニュースを。
前から話題には挙がっていたものの延期(もしくは一時白紙?)になっておりましたカタール航空のドーハ―サラエボ路線、10月末から就航が決まりました。週4回のスケジュールでの運行だそうですが、中東経由で多少時間が掛かるとはいえ、1つでもフライトの選択肢が増えるのは喜ばしい事ですね。
ドーハーサラエボ路線の就航については日本でもGIGAZINEさんが関連記事を掲載されているようです。

カタール航空、ドーハ=サラエボ直行便を開設へ 10月31日から
http://www.gigamen.com/qatar-airways-sarajevo.html

上記の記事内でもドーハーサラエボ便のタイムスケジュールが紹介されていますが、成田-ドーハーサラエボのスケジュールは以下の通りです。


【火・水・金】  成田 22:20発→ドーハ4:30着  /ドーハ6:40発 →サラエボ10:40着
【日】       成田 22:20発→ドーハ4:30着/  ドーハ6:00発→サラエボ10:00着
【火・水・金】  サラエボ 11:40発→ドーハ18:55着 /ドーハ3:20発→成田19:00着
【日】       サラエボ11:00発→ドーハ18:15着 //ドーハ3:20発→成田19:00着


(カタール航空は羽田ードーハ便も運航していますが、成田ードーハーサラエボ便の方が接続がよさそうです。また上記の運航スケジュールについては確認をしておりますが、変更等生じている可能性もありますのでご利用の際には再度ご確認下さい。)

また、日本とサラエボを同日接続で結ぶ路線として重宝していたオーストリア航空が昨年9月にウィーンー成田線を運休してしまい、嘆いている方も少なくないのではないかと思いますが、来年5月から同路線が再開する事が発表されています。

オーストリア航空、成田~ウィーン線を再開。2018年5月15日から週5便で(トラベルWatch)
http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1069214.html


再開後のタイムスケジュールでは往復ともウィーンでの乗り継ぎ時間が大分減る感じですが、欧州経由でサラエボ入りを希望する方々にとってこの路線再開の意義は大きいのではないでしょうか。

20170219_202634_resized-COLLAGE (2)
(2月に所用でサラエボ空港から欧州内の移動でオーストリア航空を利用した際には、「あー、成田線無くなっちゃったし、今後オーストリア航空使う機会も殆どないだろうなー」と思ってましたが、再び日本帰省で利用する機会もあるかな?)


とりあえず、中東経由でも欧州経由でもお好きな方で「ボスニアに来てみてごらん♪」ということで(^^)



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード