topimage

2012-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽のリング~金環日食のおかげ(?)で日の目をみたものとは?~ - 2012.05.22 Tue

昨日の朝は金環日食に関する話題がネットを賑わせていましたが、ツイッター等に時々刻々と更新される日食の様子は何とも神秘的。思わずPC画面に食いついて見入ってしまいました。

さて、恐らくご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今回の金環日食、1990年に発表されたドリカムの「時間旅行」の歌詞の中に登場します。
「指輪をくれる?ひとつだけ 2012年の金環食まで待ってるから とびきりのやつを忘れないでね そうよ 太陽のリング」という一節、過去に何度も何度も繰り返し聞いてたはずなのに、先日まで全く気に留めてなかった・・(>0<)
そして、この曲の影響はジュエリー業界にも及び、太陽と月の色をイメージして金とプラチナを組みあわせた婚約指輪及び結婚指輪を発売した宝飾品店には、日食にあわせてプロポーズを考えている方から指輪の購入に関する問い合わせが何件もあったそうで・・(ナンデモアリデスネ~)

金環日食はプロポーズの好機? 指輪・器具…商戦花盛り(朝日新聞)
http://www.asahi.com/business/update/0507/TKY201205070351.html

ところで、結婚指輪といえば、実は私達の結婚指輪、家の戸棚の中に眠ったままになっております(汗)
理由としては、年を追うごとに指が太く成長し、元のサイズでは入らないという事と、そもそも指輪をつけたまま何か作業をするというのが好きじゃない、という事です。恐らく他意はありません(笑)
というわけでもう長い事日の目をみていない指輪達ですが、金環日食を機に指輪ケースから出してみることに。
ただ、洋服の虫干しじゃないし、出して見るだけじゃ面白くない・・と思っていたところ、視界に飛び込んできた息子の黒いジャケット・・・

というわけで、こんな写真を撮ってみることに。



我が家のPC部屋に現れたダブルの金環日食☆
指輪1つだったら金環日食っぽくなったと思うのですが、折角のペアリングなんだから、ちょっと本物とは違っても、それっぽい雰囲気を楽しむという事で。
本来のようにそれぞれの指で光る事はないけれど、それぞれの心の中で輝きを放っていればそれでいいのかも♪

ちなみに、結婚指輪をつける指って、左手の薬指に限らないという事をご存知でしたか?
私もこちらに来るまでそれが定番なのだと思ってましたが、宗教によっては右手の薬指につける場合も。
海外で気になる異性を見つけた方は左手だけでなく、右手の薬指に指輪が光ってないかチェックしてくださいね(笑)

よろしければ過去に更新したこちらの記事もどうぞ

結婚指輪のお話

http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/prsten.html

スポンサーサイト

Jadranka&Friends~ヤドランカさん支援コンサート「Ima neka tajna veza」~ - 2012.05.22 Tue

IMG_1372.jpg

長年日本で活動されていたボスニアの国民的歌手、いや、旧ユーゴにその名を知られているヤドランカさん。昨年長年住み慣れた日本から帰国し、以来バニャルーカ近郊の温泉地で療養に励んでいられるという事はマスコミを通じて知っていましたが、この度、彼女を支援する為に企画されたコンサートがバニャ・ルーカで開催されました。

見に行きたいけど、開演時間は案の定夜9時という遅い時間な上、TVでも中継があるみたいだし、家で見るか~、と思っていたところ、コンサート数日前にバニャルーカ在住のお友達から「チケット、あと数百枚あるみたいだから、行くなら買っておくよ~」と嬉しいお誘いの連絡を貰い、家族からもOKを貰ったので、急遽会場でヤドランカさんの歌を堪能することに。

ん?でも支援コンサートだし、彼女は歌うのか??

という疑問は頭の片隅にあったものの、国内外から多くのアーティストが集まるらしいし、とりあえず深い事は考えず会場に向かう事に。


IMG_1278.jpg

私達は開演1時間程前に会場入りしましたが、既に殆どの席が埋まっている様子で、ほんの一部に空席があった位。

IMG_1309.jpg

ステージ前にも沢山の人が集まってます


IMG_1272.jpg

そして、ステージの上に姿を現したヤドランカさんは元気そう。

IMG_1276.jpg

コンサートにはボスニアのみならず旧ユーゴの国々から、多くの歌手が彼女の為に駆けつけました。(ボスニアだけでなく、国外のTV局でもコンサートの模様を中継したとか!)
ヤドランカさんは最初に姿を見せ、数曲披露。皆に囲まれ歌っているのはコンサートのタイトル(?)にもなっている「Ima neka tajna veza」。
それにしても、若手からベテラン歌手とあらゆる世代のアーティストが集まった今回のコンサート。
内戦前から20年以上日本に住んでいたヤドランカさんですが、コンサートに参加した若い世代のアーティストもTVで時折流れる過去のミュージックビデオを聞いて育ったとの事。私にヤドランカさんの事を教えてくれたのは内戦当時小学生だった子ども達でしたが、このコンサートでは改めて広い年代に支持されているのだという事を感じた次第です。

IMG_1286.jpg

こちらは「Daleko plove brodovi」を歌ってるところかな。

車椅子での生活を余儀なくされているとはいえ、その柔らかな、そしてアドリア海に由来する「ヤドランカ」の名の如く、全てを包み込むような歌声は今もなお健在でした。一日も早い回復を願って。 —

ジューンブライドには早いけど・・♥ (第1429回「最近撮った写真は何の写真?」) - 2012.05.16 Wed

先週の初夏を思わせる天気から一転、肌寒い、どころか、場所によっては季節外れの雪に見舞われる週明けとなりました。丁度先週末は泊りがけでバニャ・ルーカへお出かけしていたのですが、土曜日は屋外でアイスを食べながら街行く人々を眺めていたのに、翌日は雨模様でタンスの奥に仕舞いこんだ上着を羽織らないと凍えそうな天気・・(>0<)
予め気温が下がるのは知っていたので用意をして出かけましたが、一気に20℃近く気温が変化するのは心身共にダメージが大きいですね(涙)

さて、今回のブログですが、珍しくFCブログの「今日のテーマ」に沿った内容でお送りします。


FC2 トラックバックテーマ:「最近撮った写真は何の写真?」


IMG_1258.jpg

バニャ・ルーカのバスステーションから市バスに乗り、街の中心に向かっていると、バスの窓から教会婚を終えたばかりと思われるカップルの姿が見えました。
窓からはカップルが記念撮影をしている姿が見えたのですが、その直後にバスを降りると、丁度新婚カップルとそのご一行様が丁度こちらに向かってくる様子。


IMG_1259.jpg

これから道路を渡って向かい側にある駐車場に向かうのかな?
「赤信号、皆で渡れば怖くない」・・とは言わず(笑)、集団で信号待ち。
そういえば、こういう風景、日本では見かけた事がなかったので、ちょっと新鮮な感じ。

IMG_1260.jpg

そして、間もなく信号も青になり、横断歩道を渡る新婚カップル。
この後後姿を見たら、新郎がさりげなく新婦の腰に手を回しているのが何となく微笑ましかったり・・♥
ギリギリでこの上ない晴天に恵まれた、ジューンブライド、ならぬ5月の花嫁さん。
この先の結婚生活、赤信号が灯ったと思える時にも、愛があればまた青信号に変わると信じて、末永くお幸せに(^^)

何かが頭上を飛んでいる?~ある晴れた空の下で~ - 2012.05.15 Tue

今月2度目の祝日(5月9日対ファシズム勝利の日)も、またもやバーベキューを楽しんだMic'o一家。
例年だと1年に1回するかしないか位なんだけど、今年はバーベキューの当たり年?
といっても、今回はおうちバーベキューではなく、親戚宅にお呼ばれだったのでお言葉に甘えてお任せモードで(親戚宅の皆さん、ごちそうさまでした!)

今回は親戚宅で直前に捌かれたチキンがメインのバーベキュー。
庭の片隅で親戚の方が黙々と肉を焼いていると、何やら空から落ちてくるものが・・・


(プライバシー保護の為、少々画像をぼかしております)

IMG_1160.jpg

空、いや、親戚宅の2階から落ちてきたのは、食事の際に皆が座るプラスチックの椅子。
親戚の方は椅子を抱えてえっちらおっちら階段を下りてくるつもりだったのが
我が家のオットが「軽いし、こっちで受け止めるから投げちゃえよ~」と提案(おいおい・・)

IMG_1159.jpg

次々落ちてくる椅子をキャッチするオット。

IMG_1163.jpg

落ちてくる椅子から視線を空に移し、広がるのは抜けるように青い空。
そして、小さい実をつけながら空に向かって蔓を伸ばすぶどうの木。

IMG_1172.jpg

ブドウの木の先に目をやると、空に白い線を引きながらサラエボ方面に飛んでいく飛行機。
この時間だとウィーンかリュブリャナあたりから飛んできたフライトかな?

IMG_1175.jpg

現在上空をフライト中の皆さーん、皆さんの眼下にこんな美味しいバーベキューがありますよ~。
飛行機雲を眺めながら、いただきまーす☆



こんな心がすっきりするような青空が広がる日には、この歌を聴きたくなります

サラエボ空港に両替用ATM設置のお知らせ - 2012.05.08 Tue


サラエボ空港の公式サイトによると、先日よりRaiffeisen Bankの両替用ATMが設置されたとの事です。

ATM machine at the Sarajevo International Airport

http://sarajevo-airport.ba/vijest.php?id=117&lang=eng

これまでにも到着ロビーには銀行出張所と郵便局のほか、2つの銀行のATMが設置されており、クレジットカードもしくは海外引き出し可能なキャッシュカード(Cirrusなど)があれば現地通貨(コンヴェルティビルナ・マルカ=KM)の引き出しを行えましたが、今回稼動開始した両替用ATMではユーロ、米ドル、スイスフラン、及びクロアチアクーナからKMへの両替が可能に。(また、両替可能通貨は順次拡大していくとの事)
またATMは毎日空港が開いている時間内(5:00AM-10:00PM)は稼動しているそうなので、うっかり銀行や郵便局が休みになる祝日などに到着された方には便利かも。
また、空港サイトの方には記述がありませんでしたが、両替可能な額は1000KM相当額との事です。
(旅行後に余ったKMから外貨への両替は扱いがないようなので、両替は計画的に!)

でも、両替用ATM、どっちかというと、バスターミナルの方にも設置してもらえると助かるなあ・・・

メーデーは、自宅テラスの片隅で・・・ - 2012.05.01 Tue

日本でGW真っ只中のこの時期、ボスニアでも5月1日、2日はメーデーの為毎年恒例で2連休になります。
しかも地域によっては週末とメーデーの間に挟まれた月曜も休みにしてしまえ(公的機関のみ)、というお達しが出た為、最長で5連休という、日本に負けず劣らずの休暇三昧を過ごしている人も。

そんなメーデーの定番の過ごし方といえば、これですよ、これ!

バーベキュー

メーデー当日のニュースでは、国内各地の森林公園や川岸でバーベキューを楽しむ人々の姿を数分に渡って紹介するのが恒例となっていますが、特に今年のメーデーは天気にも恵まれた事もあってか、どこもかなりの賑わいだった様子。
バーベキューセットを持参してピクニックに出かけた近所の人も、座る場所を確保するのが大変だったとか・・

そんな、みんなが自然の中で押し合いへし合い(?)過ごしていたさなか、我が家のテラスの片隅では数年ぶりに新調したバーベキューコンロに火が入りました。
そしてひたすら



焼く!

foodpic2302704.jpg

焼く!

foodpic2302703.jpg


foodpic2302705.jpg

お肉は焼けた順番から次々口へ放り込まれる・・わけではなく、一定量焼けるまで蓋を閉めた鍋の中に貯めておくのが現地流。
今回はそんなにお肉の量がなかったので、全てのお肉が焼けるのを待って食べることに。

IMG_1115.jpg

汗掻き掻き肉焼きながらチビチビ飲んでいたビール。煙に燻されながらの肉焼き作業、お疲れ様~☆

foodpic2302699.jpg

何を思ったのか焼いたお肉をキッチンで食べようとしていたオットを説き伏せ、テラスのテーブルでお肉三昧のランチタイム。お肉の事に頭が一杯で、うっかりパプリカ以外の野菜を用意するのを忘れていたので「来年はもっと野菜も用意しないとね」とつぶやいたところ、「え、来年までバーベキューしないつもりなの?」とオットからツッコミが!

というわけで、この春から夏にかけての週末は、我が家のテラスの片隅が煙で充満する日が増えそうな予感です・・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。