topimage

2011-07

希望の朝 ~なでしこジャパン世界制覇によせて~ - 2011.07.18 Mon

2011・7・18(日本時間)- この先、日本サッカー界、いや世界のサッカー界に大きな転機をもたらした日として刻まれるであろう1日になりました。

多くの人々が眠い目をこすりながら、1つの願いの下、TVに、ネットに、熱い視線を注いだ120分(+PK)
残念ながら我が家で受信できるチャンネルでは中継がなかった為、ネットのテキストとツイッター上の書き込みで試合経過をフォローしていましたが、PKの終盤にケーブルテレビのチャンネルで観戦していたオットの友人からフライングのお祝い電話が掛かってきて、優勝の瞬間をシェアする事ができました。

本当、優勝決定から暫く、話すにも、ネットに書き込むにも、余りの興奮に震えが止まらず。

試合中、アメリカにリードを奪われた時も、そして、なでしこジャパンが粘り強く追いついた時も、私の頭の中にずっと同じ歌が流れてました。

♪新しい朝が来た 希望の朝だ・・

そう、お馴染みの方も多いかと思いますが、ラジオ体操の歌です(笑)

こちらの現地時間では夜だったのですが、日本ではちょうど日が昇り、新たな日が始まったばかり。
きっと、この歌の如く、なでしこジャパンが希望を運んで来てくれる、なぜか、そう信じて疑いませんでした、というより、そう信じてたかった。きっと、日本に希望の夜明けを運んでくれる

そして、彼女達は夜が更け行くドイツの地から、朝日の昇る母国・日本に勝利という希望を届けてくれました。

新しい朝、希望の朝

今日は、日本にとって、このフレーズがふさわしいの一日の始まりとなりました。
本当におめでとう、なでしこジャパン。日本に「勝利」という名の希望を届けてくれた事へ心からの感謝と、男女通じて初のW杯制覇に対しお祝いの気持ちを贈りたいと思います。

これでも欧州(の端っこ)ですが、何か?~我が家の「Hot」スポット・その2~(※温度の話です) - 2011.07.11 Mon

昨日紹介した我が家のHotスポットは16時時点で40.5℃でしたが、今日外遊びから戻ってきた息子がガイガーカウンター、ではなく、温度計を片手に家の各所で温度を測ってみたところ、本日14時半時点のホットスポットはやはり南に面する裏庭。

しかし、温度計が示した気温の方がですね、

50C.jpg

もうすぐ大台です(汗)あと1度上がると計測不能になるところでした・・
ブログに先駆けてツイッターにつぶやいてみたところ「これ、お風呂に突っ込んだんだろ?」と突っ込みがきましたよ(涙)
バスタブに突っ込んだら、逆にこれより10℃近く低い温度が表示される事と思われます・・
地上1m位のところで図ってたのでコンクリートの照り返しなども影響したのかな、と。
前回のブログにコメント頂いたタヌ子さんも「大理石の歩道の照り返しも暑いですもんね」とおっしゃってましたが、照り返しの分高い気温が示されるという事もあるのでしょうね。ちなみに、この数十分後今度は土の上で図って見たところ、今度は44℃でした。
それにしたって灼熱地獄である事には変わりないボスニア北部。こんな気温ですが、中東でもアフリカでもなく、一応、従来なら「夏は過ごしやすい」事になっている欧州の片隅ですからね~(^^;)




我が家の「Hot」スポット - 2011.07.10 Sun

昨今ホットスポットというと放射能汚染の激しい場所を指す事が多くなりましたが、本来は放射能だけでなく、局地的になんらかの値が高かったり、もしくは何らかの活動が活発に行われる場所という意味合いで使用される言葉なのですよね~(Wikipedia参照)

今回のホットスポットは何かと申しますと、南側に面する我が家の裏庭に干していた羽根枕の上。
裏庭で作業していたオットが「羽根枕の上の温度が半端ないぞ~」と言うので、廊下にある温度計を外し枕の上に置いてみたところ

IMG_9380.jpg

よ、40.5度~!!!(@0@;)ちなみにこれ、16時時点の気温です。
ちなみに、北側に面してる日陰の玄関が26℃位、屋内の廊下が30℃位だったので、南側でガンガン真夏の太陽にさらされていた羽根枕の上を我が家に置ける気温の「ホットスポット」に認定。
んー、でも、気温が高いという事よりも、短期間で気温が急激に上下する方が健康的に心配ですね。
7月2日付のツイートには「7月なのに、長袖・・・(涙)」って泣き言つぶやいてましたから・・

週末のボスニア国内はいずれの都市も35℃前後を記録する真夏日(猛暑日?)となったようですが、この暑さ、どうやら今週一杯続くようです。ボスニアだけでなく周辺の国々も同様に熱波が襲っている模様ですが、隣国クロアチアのザダルでは週末にかけての3日間で熱射病等により8人の死者が出たとの事。
いずれの国でもマスコミを通じ、特に慢性疾患を持つ人へ必要以外の外出を控えるよう呼びかけています。
こまめに水分を取りつつ、また涼を求めに水辺に向かう際には水の事故に気をつけて暑さを乗り越えましょう☆



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード