topimage

2011-01

駆け引き(?)トライアングル - 2011.01.27 Thu

My Documents


猫のシキ・ミキ、そして犬のリキが繰り広げる微妙な三角関係・・というのは人間の勝手な憶測ですが、人懐こいけど、犬にはあと一歩近づけないシキ(♂)と、人間にも犬にも距離を置いているミキ(♀)。そして種を越えてお友達募集中の我が家の愛犬・リキ。

この3匹の微妙な距離感、今後縮まるのか、平行線を辿るのか・・

それぞれの飼い主達は民族(人種)を越えて良好な関係を保っていますが、動物の御近所関係は一筋縄でいかないようです(笑)

17日目の仕事始め - 2011.01.24 Mon

posta-1.jpg

新年開始17日目にして届いた郵便物の束です。
こうして改めて現地の仕事振りを書き出してみると、1月の半分はほぼ機能していないという事が一目瞭然(汗)
正月からの祝日オンパレードについては先日のブログにて記しましたが、新年は正月にサクッと休むだけの他の地域では、もっと早くから通常業務に戻ってる事と思われます。

でも例年はもっと早くから配達業務再開してたと記憶してるんだけどな~

その一方で、年末の郵便事情には違った意味で驚きの連続でした。

日本の身内が息子の誕生日プレゼントを郵送してくれたのですが、送るタイミングが遅れた上に、雪のために混乱を極めていたフライト状況を考慮すると、どう考えても届くのは年明けになりそうな予感大。
日本からのプレゼントを心待ちにしていた息子にも誕生日まで荷物が届かなくても落胆しないよう、心の準備をさせておいたのですが、郵便局から小包の保管通知が届いたのは、何と

日本から発送して7日後!!!!Σ(-0-;)
※通常、閑散期であっても日本からの郵便物が届くまで10日程掛かります。

下手すると誕生日どころか、セルビア正教のクリスマスを過ぎた頃に届くのを覚悟していたのに、日本でクリスマスを祝う頃に到着した荷物。
「わーい!日本のサンタさんが間違えて届けてくれたのかな~?」と歓喜する息子。
サンタさんは世界中の子ども達にクリスマスプレゼントを届けるついでに、息子の誕生日プレゼントも一緒に運んでくれたのかな~と、私まで童心に返ってちょっとワクワクしたり。

また、この数日後には車から1時間程の街、バニャ・ルーカから同じく息子宛にプレゼントを贈って頂いたのですが、これもまた発送の翌日に到着(※通常は届くまでに数日を要する)

普段の配達状況から「郵便物が届いても直ぐに配達せず、ある程度数がまとまった時点でまとめて配達しているのではないか?」と疑惑を掛けている私ですが、「年明けは郵便物が貯まってエライ事になるから、年末はなるだけ早めに郵便物を配達しよう」と郵便局が業務を通常よりスピードアップしているのかも??

それにしても、いつもなら配達の度に「ピンポーン」と玄関のチャイムを鳴らしてくれる郵便屋さん。今年の仕事始めは全く気配もさせずに立ち去っていった事から、沢山の郵便物を抱えよっぽど急いでいたと思われます(笑)
ネットで情報がやり取りされる世の中になっても、郵便が届く時のワクワク感はいつの時代になっても一緒。今年もチャイムの音と共に色々な便りを届けてくれるのを楽しみにしています。





一桁最後の誕生日でした - 2011.01.14 Fri

今更ですが、昨年最後の大仕事(?)・先日9歳の誕生日を迎えた息子のバースディケーキです。

rodjendan2011 014torta

8歳の誕生日にもユニフォームをモチーフにしたバースディケーキを作ったのですが、今回は迷う事なく日本代表ユニフォームモデル。

袖の部分の線を入れていて何かおかしいな~と思ったら、中途ハンパなところで線が切れてるんですね(汗)!端っこまで線を入れた後にネットで確認して、線の長さを短くした次第です。
背番号は年齢にちなんで「9」、岡崎選手と一緒です☆

2011bozic.jpg

ケーキを作る際のデコレーションって何を使って色をつけようか悩むんですけど、今回は初めて↑を使ってユニフォームの着色をしてみる事にしました。

同じくサッカー好きなお子さんを持つ親御さんがサッカースタジアムをモチーフにしたケーキを作られたりするんですが、「あの緑色の芝生のデコレーション、どうやってるんだろう?」と疑問に思っていたのが、今回様々な色のココナツパウダーを目の当たりにして疑問解決!

お店で見かけた時には「うわ、凄いグロい色したココナッツパウダーだな~(汗)」と眉をしかめたんですが、使ってみるとクリームをペタペタ塗るよりも楽に作業できるし、ちょっと他の色がはみ出しても修正が簡単。
私のようにがさつ、いや、効率よく作業したい人にはお勧めアイテムです(^^;)

誕生日を祝いに駆けつけてくれた親戚及び知人の皆さん達からも「おお、サッカーユニフォームだ~」と好評を得たケーキでしたが、見た目は楽しめても、やっぱりこのドギツいブルーを口に入れるというのは、やっぱりどうしても抵抗がありまして・・・大半の皆さんはそのまま食べて下さいましたが、ケーキ上部に掛かった青いココナツパウダーをさりげなーくお皿に落としながら食べていたのは内緒です。

一方、色には関係なくケーキを頬張って下さった方々の口元が薄っすらサムライブルーに変色(汗)

やっぱりアウェイ用の白いユニフォームにするべきだったかも・・・と少々反省

ところで、実は一桁台最後となった今回の誕生日。
最近、画像の編集にコラージュ機能を使う事が多いのですが、写真の整理がてら、これまで祝った9回の誕生日で撮影した写真をコラージュ風にまとめてみました。

My Pictures7

ボスニアでは法律上18歳で「成人」とされる為、次に9枚の写真でコラージュを作成する頃には、何と「成年」という身分に昇格する息子Σ(-0-;)

成人した暁に友人とアルコール片手にくわえタバコで記念撮影なんて、想像するとかなり複雑な心境ですね。
(本人は「タバコは肺が黒くなるから絶対吸わない!」と宣言してますけどね。今のところは・・)
まあ、どんな青春時代を送るのかは本人にすら予想がつかないようですが、私が下から見上げなければならない程に成長している事は確かです(^^;)










明けても明けても・・・ - 2011.01.13 Thu

年末は大晦日までワーキングディだったボスニアですが、私が住むスルプスカ共和国側は年明けと共に連休ラッシュ開始。

1月1日&2日正月休み
1月6日&7日はクリスマスイブ&クリスマス休み+8日、9日が週末に掛かった為、公的機関等は4連休

と、新年が始まって2週間弱にも関わらず既に6日は休みだったという、思い切りブレーキが掛かった年明けですが、ここに来て、

セルビア正教の正月に当たる14日も公的機関等は休日

というお達しがありました。

我が家のオットは「きっと休みにはならないよ」と予想していたのですが、結局この日も直前で休み決定。
昨年は前日の晩にニュースにて「明日はお休みです」と知らされた記憶があります。
しかも、続く15、16日は再び週末に掛かる為、公的機関勤務の方々は再び3連休。
恐らく民間企業(特に商売関係)は時間短縮ながら営業するのではないかと思いますけど。

宗教上の行事に異議はありませんが、とうに年は明けているにも関わらず、この連休が過ぎ去らない間はなんだか明けても明けても明けきらない、そんな心境です。
ちなみに、ボスニア連邦側では通常通りのワーキングディです。

そうそう、ここで毎年祝う日が変わる移動祭日についてメモしておきます。

キリスト教のイースターはローマカトリック、セルビア正教とも4月24日
昨年に引き続き同日になります(※通常は正教徒とその他の教派(宗派)で祝う日が異なる)

また、イスラム教のラマザン(断食月)は8月1日から8月29日で断食明けを祝うラマザン・バイラム初日は8月30日。そしてクルバン・バイラム(犠牲祭)初日は11月6日となります。

今日のおよばれゴハン~クリスマスは早朝から全員集合!編~ - 2011.01.11 Tue

クリスマスの朝は親戚宅から朝食に招かれるので、毎年オットに叩き起こされている私、mic'oです。

その昔は「私、正教徒じゃないからもう少し寝かせなさいよ!」と罰あたりな事を口走っていた私ですが、今は子どもの手前、「布団の中、最高~」とつぶやきつつ、ベッドの中から這い出てきます。

これまでは朝7時に集合が掛かっていたものの、そんな朝早くから時間厳守するのは私達家族位。
親戚の息子夫婦ですら時間に遅れて悠々と参上してた事を踏まえ、今年は大幅に時間をずらし、8時半に来訪する事に決定致しました。


2011bozic 015

食事の前にドリンクが振舞われるのはどこにでもある光景ですが、この家庭では何故かドリンクと共にトルココーヒーが出てきます。一般的に食事の席でコーヒーが出てくるのは「そろそろおひらき」的な意味がありますが、これも言わば親戚宅の「マイ・ルール」



スターターとしてスープが出された後、テーブルに並べられたのはお祝いの定番・サルマ。
サルマはお米と挽肉をキセリ・クプス(ザワークラフト)に包んで作るのだけど、今回うっかりして具を包んだ後にお米を入れ忘れた事に気づき、もう一度作りなおしたとか・・ご苦労様です。

foodpic820928-1.jpg

朝食の時間をずらさせて頂いた最大の理由、それがこの豚の丸焼き!
さすがに朝7時から丸焼きを食べるのは、幾ら朝から油物OKの私にとっても苦行というものです。
でも、今年の丸焼きは脂身が少なく、本当に美味しい!でも、朝なので控えめに(笑)



foodpic821123.jpg

foodpic821115.jpg

〆に出てきたお菓子達。
ここでまた「コーヒーはどう?」とお誘いを頂きましたが、朝から濃いトルココーヒーを立て続けに飲むのと、豚の丸焼きを食べるのは同じ位ヘビーと思われます(汗)

ボスニア生活を上手く乗り切っていくその秘訣とは、鉄の胃袋を持っている事。
ボスニアに長期滞在される方は、度重なるお呼ばれに備え、まず胃を鍛えておく事をお勧めします(笑)

♪ティーハ ノーチ スヴェータ ノーチ - 2011.01.11 Tue

タイトルでは文字化けを避けてカタカナ表記にしましたが

♪Tiha noć sveta noć

とは、日本だと「きよしこの夜」の歌詞冒頭部分。
そんなきよしこの夜に、親子3人散歩へ出かけました。

(※ほぼ毎年記述しているかと思いますが、この辺りの地域に信者が多いセルビア正教では1月6日にクリスマスイブを迎えます。)

2011bozic 010

派手じゃないけど、メインストリートにはこういったデコレーションがほぼ一定間隔で飾られています。

2011bozic 071

足を止めて写真撮ってると、間違いなく男子から置いてきぼりを食らいます。
暗い夜の撮影はシャッター使うだけじゃなくISO感度上げたり、色々設定が大変なのよ(涙)
しかも電池の残量僅かだからやたらシャッター切れないし


2011bozic 061

内戦時に破壊されて約10年程破壊されたままになっていたホテル。
昨年ようやくリニューアルし営業再開しています。

2011bozic 062


2011bozic 012-1

ホテルの中庭に飾られたツリーと、ホテル付属のカフェ前に置かれた雪だるま&トナカイのオブジェ。

2011bozic 072



IMG_8528.jpg

日本では個人宅での派手なクリスマス・イルミネーションが毎年話題を呼んでいるみたいですが、こちらでも各家庭のバルコニーに電球を飾ったり、窓に飾りつけをしたり、クリスマスの雰囲気を盛り上げています。


2011bozic 063

今回の散歩、本来はお誕生日を迎えた親戚の人にプレゼントを届けに行くのが目的だったのに、惜しくも本人不在の為、プレゼントだけドアノブに掛けて退散。
話し合いの末に進路を変更し、反対方面の知人宅へ。

写真は知人宅のテーブルに置かれていた木の実とキャンディーが一杯詰まったカゴ。
この日は乳製品を食べてはいけないのに、禁断のキャラメルが!ああ、目の毒だわ・・・
(私は信者じゃないので食べてもいいんだけど、お付き合いでこの日は乳製品&お肉断ち慣行)

≪おまけ≫

翌朝、市内各地でSOSを求めるサンタさん多数発見(笑)

2011bozic 013

djedamraz_20110110204436.jpg

地元警察にはサンタさん救出要請の電話が殺到・・・していたかどうかは定かではありません(^m^)

1年のグランフィナーレ~もしくは見習い番犬受難の日~ - 2011.01.09 Sun

Mic'o家を巡る年越しの風景から、今回は知人宅の見習い番犬・やまびこ君(仮名)のお話を。

やまびこ君は昨年初めに亡くなった先代番犬ベアー君(仮名)に代わり知人宅にやって来たモスクワン・ウォッチドッグ(モスクワン・ガーディアン・マスチフ)。先代はコーカシアン・シェパード・ドッグというロシア・コーカサス共和国原産の大型牧羊犬だったのですが、モスクワン・ウォッチドッグも前者に負けず、来訪者が一瞬ビクッとする程のビッグサイズ。2本足で立つとウチの息子より頭1つ分大きい巨漢ですが、私達が訪問すると握手で迎えてくれるフレンドリーな性格のナイスガイです。

maksic.jpg

但し、ただ、この種の犬は困った事に番犬としては致命傷となる性質をもっておりまして・・

maxnaterasu.jpg

性格は警戒心が非常に強く、慎重で独立心が強く頑固である。警戒心は全犬種中一番であるという見方もあり(中略)夜間も風が吹くなどの小さな物音に反応して目が覚めてしまうほどである。初心者やこの犬種に関する知識を持たない人には絶対飼育できない犬種で・・・(wikipedia『モスクワン・ガーディアン・マスティフ』の項より抜粋>



やまびこ君が知人宅にやって来て間もない頃、私のオットが「この種の犬はね、コーカシアン・シェパード・ドッグの機敏性とセントバーナードの温和な部分を兼ね備えているらしいよ」と話していたのですが、前述の性格からして、どう考えても番犬としては「適材適所」とはいえないのは火を見るより明らか・・・

NG2011 012

そして、今年も年末年始の大迷惑な風物詩、爆竹と花火のシーズンが到来。
幸いというべきなのか、今年は不況のあおりで各家庭の火薬予算の大幅削減らしく(そもそも爆竹反対派の我が家はそんな予算計上ないですが)、街中で爆竹がなり始めたのは暮れもかなり押し迫ってからなのですが、年越しには街のあちらこちらの家庭で大型花火を打ち上げる光景が。

そして、やまびこ君が暮らす知人宅でも、例年通り12時を回った後にお祝いの花火を打ち上げたのですが・・・

maksic2.jpg

年明け前から周辺で断続的に鳴り続ける爆竹の音に怯え、テラスで縮こまっていたやまびこ君ですが、年が明けて本格化した爆竹&花火の大音響に耐え切れなくなった模様。
ガラスの向こうから必死の形相で助けを求める姿に同情し、地下室へ移動させようとしたところ、パニックの余り凄い勢いで階段を駆け上っているやまびこ君。
いや、あの、あなたの行く場所は反対なんですけど~!!!!!!

maksic5.jpg

そして2階の階段踊り場にある物置に姿を隠したやまびこ君。
さすがに、物置からは立ち退いてもらったものの、その場に居合わせた全員から涙目(?)で懇願するやまびこ君への同情票が集まり、とりあえずこの騒ぎが収まるまで、踊り場にいる事を許されました。

maksic4.jpg

安住の地といっても、とりあえず一時的な措置ですから。
番犬として命を受けた以上、後は徐々に慣れて行くしかないですよ。
とはいえ、生まれ持ったの性質だから、番犬というよりは一家のマスコットとして暮らす方向で検討した方がやまびこ君、そして知人一家にとってもベストな選択なのではないかと考えたりします。

そして、この事件を境に、自分の適性とは何なのか、番犬としての素質はないのか、連日思い悩んだ(かどうかは分からない)やまびこ君ですが、mic'o家の警備を担ってもうすぐ12年のベテラン番犬・リキ爺に教えを請いにやってまいりました。

rikimini.jpg

ワシの約12年に渡る経験を若手に語り継ぐ時が来ましたわい(リキ爺/ジャーマンシェパード×猟犬のミックス♂)

続きは下の「READ MORE」からどうぞ☆



今年は気持ちを上向きに、そして視線は下向きにGO(?!)⇒本文追記アリ - 2011.01.01 Sat

Srećna (Sretna) Nova godina ! 明けましておめでとうございます☆
今年もブログ「ボスニアのかけら」を訪問して頂き、誠にありがとうございます。

もしかしたらお気づき下さった方もいらっしゃるかもしれませんが、この記事を初投稿した際、本文には下のコラージュ風画像だけが貼り付けられておりました。
というのも、実はこの記事、昨年末からはりきって1月1日0時に自動的に更新されるよう「予約投稿」に設定しておいたのですが、最初に出来上がった年賀状用画像を貼り付け本文は後から追加しようと思っている内に、何と

年が明けてしまった

というのが事の次第です(汗)

新年早々そんなミスで自己嫌悪に陥っておりますが、記事のタイトル通り「今年は気持ちを上向き」に参りましょう。
そして、「視線は下向きに」というのはどういう事なのかと申しますと、うつむき加減で歩くという事ではなく、昨年の旅先で道にも色々な表情があり、歴史がある、という所に面白さを感じた事から、時に目線を下げて歩くといつも歩く道にも面白い気づきがあるのではないか、という期待しながら歩いてみようかと。

時の変化は目線の上だけに存在するのではなく、きっと目線を下げた時にも感じる事が多々あるはず。
というわけですので、俯き加減で歩いている私を目撃しても、ドーンと落ち込み気味だとか、道に小銭が落ちていないか探している、などと誤解されないようお願い致します。(笑)

今年はふと見上げた時だけでなく、ふと視線を落とした時に気づいた事も沢山ご紹介できればと思っております。
ブログの更新が滞っている際にも、Twitterの方でつぶやき続けておりますので、そちらの方もチェックしていただければ嬉しいです。

それでは、暖かくブログの更新を見守ってくださる皆様にご健康とご多幸を祈念しつつ。

                            2011年 元旦


My Documents1-2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード