topimage

2006-11

高み(から)の見物 - 2006.11.06 Mon

サラエボ市内には街を一望できるポイントが幾つもありますが、今回は高みから街を見下ろしながら食事を楽しめるスポットを紹介します。

まずは今年9月に営業を開始したオープンした5つ星ホテルのRadon Plaza Hotelです。
内戦中も発行を続けたOslobodjenje新聞社に隣接するAVAZ BUSINESS CENTER(AVAZは現在ボスニア最大の発行数を誇る新聞社)内にオープンしたこのホテルは、欧州で唯一回転レストランで朝食を取れる事をウリの1つにしています。
朝食はバッフエ+好みの卵料理で、宿泊客でなくても20KM(もしくは10EURO)で食べる事が可能です。但し、料金の割には内容薄ですが。

radonplaza


この位置からは空港に飛行機が離発着する様子が目の当たりにできます。
但し、それ程離発着数は多くありません(汗)

radonplaza2


朝食が取れる回転レストランを売りにしているはずですが、回転し始めたのは朝食時間が終る10:00AM頃でした。一周終る前にレストランを出たので何分で一周するのかは分かりませんが、約15分で45度位回転している感じだったので、おそらく約2時間でサラエボを360度眺める事ができるのではと思われます。(私は45度廻った時点で少々酔いましたが>汗)

私達が席をたつ頃にはビジネスマンと思われるらしい利用客も増えていましたが、このレストランでは朝食だけでなく、勿論ディナーの利用も可能。
街中の高級レストラン同様、少々値は張りますが、約160mの高さからサラエボの夜景をくまなく望めるレストランでロマンティックなディナーもお勧めです。

<住所>Džemala Bijedića 185, 71000 Sarajevo

parkprinceva


こちらは、9月に映画ロケの為ボスニア入りしていたリチャード・ギア(※「リチャード・ギア御一行様到着なり」を参照してください)が「Slobodna Bosna」の取材を受けた際に訪れた高台のレストラン・「Park Prinčeva(パルク・プリンチェヴァ)」。
テラス席からは街(特に旧市街方面)を一望できますが、私達が訪れた日は冷え込んでいた為に外での食事を断念。しかも、これまた残念な事にガスが掛かっていたのでご一緒した方が期待していた絶景には今一つ恵まれませんでした。

サラエボ夜景



夏はこの夜景を臨みながら、楽器の生演奏も楽しめるとか。
写真中央にライトアップされているのは旧・国立図書館。

<住所>Iza Hrida br. 7, Sarajevo

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード