topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空港-サラエボ市内の路線バス、復活しました(17年3月27日夏ダイヤ情報追記あり) - 2016.10.11 Tue

6,7年前に一度導入されたものの、短期間の内に廃止になってた空港-サラエボ市内間の路線バスですが、バス路線復活への多くの要望が高まったのを受け、今年8月からCentrotrans Eurolinesが空港↔バシュチャルシヤ(職人街)間の運行を開始しました。
相変わらず就航便が少ないとはいえ、中東からの旅行者を中心にサラエボ空港の利用者も年々増加している上、相変わらず空港タクシーは旅行者の足許を見てサラエボ市内→空港のタクシー運賃の2倍以上を要求するとなれば、バスの需要も高くなるのは当然の流れでしょう。
前回の運行時に比べるとバスの本数も大分増え、バシュチャルシヤ→空港行きは4時15分から22時45分まで、そして空港→バシュチャルシヤ行きは4時45分から23時15分まで、それぞれ一日15本運行しているようです。

おそらくサラエボ発着のフライト時刻に合わせた運行と思われますが、運行会社のCentrotrans Eurolinesのサイトに時刻表がありますのでそちらをご確認下さい。
http://www.centrotrans.com/uimages/odrzavanje/08082016_NEWS_1_BIG.jpg

※(追記)11月上旬に冬時間での運行スケジュールが発表されました
夏季スケジュールよりも減便になっている上、便によっては曜日限定での運行となりますのでご注意を! 

http://www.centrotrans.com/uimages/odrzavanje/zimskiredvoznje_ab1617_big.jpg
(黄色で囲ってある時間帯は月・水・木・金・土、赤で囲ってある時間帯は火・水・木・金・日、水色で囲ってある時間帯は月・水・金・土・日にそれぞれ運行。その他の時間帯は毎日運行だそうです)

上のサイトに運賃の紹介はありませんでしたが、以下のサイト(記事)によると片道5KMで往復8KMとのこと。
※追記(2017年3月27日)
サマータイム開始によりバスも夏ダイヤで毎日運行しているようです。運賃はこれまでと一緒ですが、バスに預ける荷物は1個目もしくは23㎏まで無料、23㎏を超える荷物もしくは2個目からは5KM徴収されるとの事。
http://www.centrotrans.com/uimages/odrzavanje/05042017_news_1.jpg


ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ 数日毎に更新中です
ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

スポンサーサイト

高み(から)の見物③ ~2013・早春 Hotel Hecco Delux~ - 2013.04.08 Mon


サラエボには高台から街を見下ろすポイントが沢山あるにも関わらずなかなか進まない「高み(から)の見物」シリーズですが、サラエボ在住ではないという事でご勘弁下さい。

さて、今年は2月から3月にかけ仕事の関係でサラエボの高台を廻る事が多かったのですが、今回は初めてサラエボの(一応)目抜き通りを見下ろす機会に恵まれました。



歩行者天国でもあるフェルハディヤ通りに位置するホテル、Hotel Hecco Deluxの最上階テラスからの眺めです。
夏だとテラスにテーブルが置かれているようですが、さすがに寒さ厳しいこの時期は閑散とした様子・・
でも、真下を見ると寒さに負けず歩く多くの人々の姿が、そして少し分かりにくいかもしれませんが、セルビア正教、ローマカトリック、そしてイスラム教それぞれの宗教施設を臨む事ができます。

(ホテルに最も近く目立っている黄色と緑の建物がセルビア正教会、左端に映っている同じく黄色と緑の高い建物がローマカトリックのカテドラル、そして奥手にイスラム教のミナレット)
テラスの反対側に廻るとチトー元帥通りの様子を眺める事ができます。

もしかしたらテラスにでなくともガラス越しに景色を臨む事ができるのかもしれませんが(ホテル最上階はカフェ&レストランになっている)、夏にサラエボを訪れた際には真下に街の空気を感じながらお茶してみたいなと思ったり。

Hotel Hecco Delux (住所)Ferhadija 2
高い建物なのでフェルハディヤ通りでは割と目立つ建物ですが、入り口が少し分かり難いかも。
チトー元帥通りからフェルハディヤ通りに入ってすぐのところです。(確か入り口を入るとエレベーターがあるのでそれに乗って行くとフロントに着きます。そこから階段で最上階へ)

Sweet ♥ Sweet そして Sweets! - 2013.03.02 Sat

Valentinovo2013.jpg

少し時期外れの話題になってしまいますが、ボスニアでは日本と比べてポピュラーなイベントではないと思われるバレンタイン。とはいえ、イスラム教徒が大半を占める首都サラエボでも、バレンタイン当日はバレンタイン用と思われる花束やグッズを売る人の姿が街のあちこちで見られました。
(「私達はイスラム教徒だからバレンタインは余り関係ないのよ」と話していた知人も、実は結婚記念日がバレンタインデーだったり・・)

私もバラとカスミ草にハートの飾りが添えられたブーケを1つ購入・・・といっても、ワタクシ、バレンタイン当日は所用の為サラエボに滞在しており、購入したブーケは夫へのプレゼントではなく、バレンタイン婚をした知人夫妻への結婚記念日祝い用だったのでした。(^^;)


mimoza2013.jpg

こちらはバレンタインと関係なく、早春の訪れを伝えるミモザの花束。
まだドンヨリとした冬特有の空模様の下、ミモザの黄色い花がパッと目を引きますが、小さなミモザの花束を手に歩く姿を見かけると寒さにこわばった表情も思わずほころんでしまいます(^^)
この日はカテドラルの前で年配の男性がミモザを購入しているシーンに遭遇。
彼がミモザを手に向かう先には、誰の笑顔が待っているのでしょう?


大切な人の為に花束を求めるというスイートな場面に何度も遭遇した後は、自分もスイートな気分になりたい!(ややコジツケですが・・>汗)
という訳で、最近食べたサラエボのスイーツ達を紹介☆

IMG_0912-001.jpg

サラエボのバシュチャルシヤにある1912年創業のお菓子屋さん・RAMISのマカロン。
ボスニアのシロップたっぷり掛かった甘ーいスイーツも好きなんだけど、甘さ控えめでちょっと軽めのスイーツをつまみたいわ、という時にお勧め。
私が注文したのはたまたま見かけが一緒なココナッツとチョコのマカロンでしたが、他にもピスタチオやラズベリーなどカラフルなマカロンがショーウィンドーにちょこんと並べられています。(一個 50フェニング=0.5KM=約30円)
サラエボのメインストリート・フェルハディヤからバシュチャルシヤに入ってすぐのところにあります。
(Saraci 1 営業時間 9:00-22:00)
※残念ながら店内Wi-fiなし

pannalta-001.jpg

サラエボでパンナコッタというと、イタリアンレストランでもミルクプリンのようなものしか出てこなかった記憶が・・(汗)でも、政府庁舎ビル前のショッピングセンター・「Alta Shopping Center」内のフードコート「Vapiano」のパンナコッタはバニラビーンズも使っていて、やっとパンナコッタが食べられるようになったなーと実感(笑)お茶も大きめのガラスのカップに、ティーバッグではなくお茶の葉でサーブしてくれます。
パンナコッタはスモールサイズ(写真)が2.8KM(=約170円)
Vapiano(Shopping Center Alta内) Franca Lehara2 営業時間 9:00-23:00
※店内Wi-fiあり


kafe2012.jpg

暦が3月に入るとほぼ時を同じくして、ボスニア国内も春を感じさせるお天気に恵まれるようになってきました。
予報によると、来週(3月2週目)は最高気温が二桁台に乗る日が続く模様。お天気の方は少々崩れる日もあるようですが、上の写真のようにオープンカフェで春の空気を楽しむ人達の姿を見かける日もそう遠くないようです。



先生、これでは「鉄」分が足りません!~ボスニア発着鉄道路線に異状あり?~ - 2012.12.11 Tue

今からちょうど3年前の今頃、復活路線は郷愁の心を乗せて~サラエボ・ベオグラード間鉄道再開~」というタイトルで、18年振りに復活したサラエボーベオグラード間の鉄道路線が復活した話を紹介させて頂きました。

しかし、先日、Twitter上に流れてきた情報に思わず絶叫してしまいました。

ボスニア連邦鉄道(FBIH)が発表した2012/13の運行スケジュールによると、同鉄道会社が運行していたサラエボ-ベオグラード路線、サラエボーブダペスト路線、及びサラエボーザグレブ路線(夜行便のみ)が廃止になるというじゃないですかΣ(-0-;)

今回のダイヤ改正により、そもそもの本数が少なかった国際路線はクロアチア方面(プローチェ行き及びザグレブ行き昼間便)のみの運行となります。

ベオグラード、及びザグレブ方面はバス路線があるので旅行者の方々の移動に大きな支障が出る事はないかと思いますが、移動の選択肢が1つ減るのと同時に、鉄道好きな、いわゆる「鉄ちゃん」の方には残念なお知らせですよね。

その一方で陸路でのハンガリー方面への移動は鉄道が唯一の手段。しかもハンガリーの航空会社マレブの倒産によりサラエボーブダペストの航空路線も廃止になってますから、ブダペスト方面からサラエボ(もしくはその逆)への移動を考えていた方にとって、今回のサラエボーブダペスト路線廃止は結構な痛手なのではないでしょうか。

尚、新ダイヤは今月9日から適用されていますので、今後サラエボーブダペスト、ベオグラード、ザグレブ間を鉄路移動しようと考えてた方は十分ご注意下さいね。

尚、ダイヤ改正後のサラエボ駅発着時刻は以下の通りです

サラエボ発:
Sarajevo-Zagreb 11:17
Sarajevo-Ploče 6: 51(※モスタル着 9:26)
Sarajevo-Zenica 4:47, 7:09,12.00 ,19.24
Sarajevo-Konjic 7:17,15.30,19.26
Sarajevo-Banja Luka 15.54

サラエボ着:
Zagreb-Sarajevo 18:12
Ploče-Sarajevo 21:13 (※モスタル発 18:38)
Zenica-Sarajevo 6:45, 9:26, 13:57 , 20:57
Konjic-Sarajevo 6:40,10:43, 18.55
Banja Luka-Sarajevo 9.48

サラエボ空港に両替用ATM設置のお知らせ - 2012.05.08 Tue


サラエボ空港の公式サイトによると、先日よりRaiffeisen Bankの両替用ATMが設置されたとの事です。

ATM machine at the Sarajevo International Airport

http://sarajevo-airport.ba/vijest.php?id=117&lang=eng

これまでにも到着ロビーには銀行出張所と郵便局のほか、2つの銀行のATMが設置されており、クレジットカードもしくは海外引き出し可能なキャッシュカード(Cirrusなど)があれば現地通貨(コンヴェルティビルナ・マルカ=KM)の引き出しを行えましたが、今回稼動開始した両替用ATMではユーロ、米ドル、スイスフラン、及びクロアチアクーナからKMへの両替が可能に。(また、両替可能通貨は順次拡大していくとの事)
またATMは毎日空港が開いている時間内(5:00AM-10:00PM)は稼動しているそうなので、うっかり銀行や郵便局が休みになる祝日などに到着された方には便利かも。
また、空港サイトの方には記述がありませんでしたが、両替可能な額は1000KM相当額との事です。
(旅行後に余ったKMから外貨への両替は扱いがないようなので、両替は計画的に!)

でも、両替用ATM、どっちかというと、バスターミナルの方にも設置してもらえると助かるなあ・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。