FC2ブログ
topimage

2018-12

こんな世界一は嫌だ!~ボスニアに深刻な大気汚染のシーズンがやってきた~ - 2018.12.04 Tue


毎年冬になると、あるカテゴリーで世界有数の都市に仲間入りする首都・サラエボですが、2日に流れて来たテレビ局N1のツイート及びリンクされていた記事によると




2日の14時時点でサラエボではAQI(空気質指数)268で世界で最も大気汚染が酷い都市であったとの事。
まだ冬もこれから先だというのに既に世界一の称号獲得ですよ・・
このツイートの後の数値を確認しようと、毎年お世話になっているボスニア各地のAQIを紹介するサイト
http://zrak.ekoakcija.org/にアクセスすると、16時時点に測定された数値が。

zrak1202.jpg

これを見るとサラエボの指数は223AQIで、むしろ同様に大気汚染が深刻である北東部・トゥズラの数値(282AQI)の方が高くなってます。
14時の時点の指数(268)からサラエボは若干指数が改善したのかな、と思ったのですが、14時時点の数値を測定した在ボスニア・ヘルツェゴビナ アメリカ大使館のサイトに飛んだところ「304 AQI - Hazardous」と表示されているではないですか!Σ(-0-;)
同じサラエボ市内でも測定する場所等で数値も多少は変動するだろうとはいえ、こんなに差がでるのは変でしょ!と思いましたが、先程のzrak.ekoakcija.orgを再度確認するとPM10の値は322になっていて、アメリカ大使館の方はPM2.5の値を表示しているようなので、測定するPMの種類でもまた変わってくるのでしょうか。

週明けも相変わらずの数値の高さで、サラエボ県の公衆衛生研究所からは子どもや老人、妊婦及び慢性疾患を持つ市民は外出しないよう、また外出せざるを得ない人にはマスクの着用を薦めています。
毎冬恒例の迷惑な風物詩とはいえ、今年は薪などの高騰で石炭を使う人が増えるなど、暖房方法の変化もまたこの大気汚染に拍車を掛けているとの話も。
3日は夜10時を過ぎた時点でもAQI値が 393 と危険な数値でしたし、このブログを読んでくださっている方でサラエボ、また他の大気汚染が深刻な地域に行かれる機会がある方は十分お気をつけください。
アメリカ大使館での測定結果ですがTwitter(@USEmbSJJ_Air)でも一時間毎にツイートされているようです。(時間帯によってノーデータの時もあるようですが。) 

ブログランキングに参加しています↓のアイコンをクリックしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日?更新中
https://www.instagram.com/michobih/

季節が重なるその時に~sideA: 晩秋の秘密基地へ~ - 2018.11.29 Thu


晩秋とはいえ、上着どころか半袖でも歩けてしまうような日曜の昼下がり。
向かったのは街外れにある我らが秘密基地。

IMG_8123mini.jpg

秘密基地とは、数年前夫がかなり安価で譲り受けたトレーラーハウス。
釣りキチである夫は川のそばに別荘を建て釣りに没頭する生活を夢みていたようですが、妻である私の強い反対を受け(そもそも別荘建てる余裕あったら他の事に回したいわ・・)妥協策として手に入れたのがこのトレーラーハウス。
「そんなもんどこに置くんじゃー!!!」と思いきや、川の近くに土地を持つ従兄弟と話をつけてきたらしく(話早っ!)、購入当初は地面に直置きされていたトレーラーハウスが、従兄弟とその仲間達の匠の技によりみるみるうちに高床住宅風にリフォーム完成しておりました。(@@)
それから5年以上経っておりますが、その間ボスニアや周辺諸国が大洪水に見舞われた際にもなんとか浸水を逃れました。(すれすれで難を逃れたようですが)

IMG_8134mini.jpg

当初トレーラーハウスに全く愛着を持てなかった私も、何度か通う内にこの秘密基地に惹かれていくように。
中にはソファーベッドもあるので寝泊まりもできるとはいえトイレがないのが難点だったのですが、これまた匠達の技により昨年念願の簡易トイレが完成。
完成時には夫から喜びの画像が送られてきました(笑)

20181111_135444cajkafa.jpg

夫や息子が川釣りに熱中している間、私は大抵ボスニアの伝統刺繍であるズミヤニェ刺繍をしたり、折り紙アクセサリーを作成したり。(もしくは中で昼寝w)
ポットにコーヒーやお茶を入れてティータイムを楽しむ事もありますが、今回はお茶かコーヒーか迷った為両方持参で(笑)
お湯だけ入れた水筒と粉末のコーヒーとお茶を持参すると、お湯の半分コーヒーにして、残りはお茶という風にも楽しめますね。

IMG_8132mini.jpg

男子達が川釣りをする方に目を向けると、足元は枯れ葉に覆われてすっかり晩秋の気配。
踏みしめる度にカサッ、カサカサッと冬が近づく音が聞こえてきます。

IMG_8120mini.jpg

しかし、日当たりのよい反対側に目をむけると、どのタイミングで綿毛を飛ばそうか戸惑っているようなタンポポの姿が。

IMG_8110mini.jpg

上空には2つの季節が重なるような光景を眺めながらひらひら~と飛んでいきそうな、軽やかにたなびく雲が。

20181111_150519mini.jpg

だんだん日も陰ってきたので、緑と茶のコントラストの中を車まで戻ります。
この途中、野を駆けて行く鹿の姿を見つけ、思わずカメラを出す暇もなく見とれておりました。

                           ~Side-Bへ続く~


ブログランキングに参加しています↓のアイコンをクリックしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日?更新中
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」






お別れしたはずが、復活して更に増える話~ANA成田・ウィーン便開設&OSも増便~ - 2018.11.01 Thu


バニャルカ空港にライアンエアー就航ネタに続き、来春から東京-サラエボのアクセスが更に便利になるお話を。

2016年9月、「日本路線はOS(オーストリア航空)にとって不採算路線になった」との理由で成田-ウィーン線の運行を終了したオーストリア航空ですが、今年5月から同路線を再開。オーストリア航空はサラエボに同日接続できる貴重な航空会社だっただけに、サラエボを訪れる機会がある方達にとってこの復活は朗報だったのではないでしょうか。
冬スケジュール期間は再び運休に入ったようですが、運休明けの来年の春からは段階的に週6、そしてデイリー運航との事!
更に、春スケジュールに先駆け、2019年2月17日からANAが羽田-ウィーン線を運航するというニュースが!!
日本-ウィーン間の路線に涙の別れを告げてから約2年半、同路線復活どころがANAが新たに参入で最大週14便に増えることになるとは!(前回の撤退は本当に不採算路線が理由だったの?)



関連記事
羽田=ウィーン線を新規開設します(ANA NEWSより)
https://www.ana.co.jp/group/pr/201810/20181015-1.html
NH、羽田/ウィーン線運航スケジュール
NH205便 HND 01時55分発/VIE 06時00分着
NH206便 VIE 11時50分発/HND 06時55分着※翌日

オーストリア航空、19年夏は成田線をデイリー化、4月末から
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=83436(Travel visionより)

・ウィーン発:3月31日~4月29日/成田発:4月1日~30日
OS52便 NRT 13時35分発/VIE 18時35分着(月・火・金・日)
OS52便 NRT 13時35分発/VIE 18時55分着(水・土)
OS51便 VIE 17時45分発/NRT 11時55分着※翌日(月・木・土・日)
OS51便 VIE 17時25分発/NRT 11時55分着※翌日(火・金)

・ウィーン発:4月30日~10月26日/成田発:5月1日~10月27日
OS52便 NRT 13時35分発/VIE 18時35分着(月・火・木・土・日)
OS52便 NRT 13時35分発/VIE 18時55分着(水・金)
OS51便 VIE 17時45分発/NRT 11時55分着※翌日(月・水・金・土・日)
OS51便 VIE 17時25分発/NRT 11時55分着※翌日(火・木)




羽田及び成田からウィーンへのフライトが増えるということはウィーンを拠点とした中東欧へのアクセスも更に便利になるわけですが、サラエボへの同日アクセスも昼便と夜便の2回で可能になります。

羽田OR成田→サラエボ
羽田発 1: 55-ウィーン着 6:00 (羽田-ウィーンはANA便)
ウィーン発 13:10-サラエボ着 14:20 
成田発 13:35-ウィーン着 18:35(or水・金は18:55)
ウィーン発  20:20-サラエボ着 21:30

サラエボ→羽田OR成田
サラエボ発 7:35-ウィーン着 8:55 /
ウィーン発 12:55- 羽田着6:55 (ウィーン―羽田はANA便)

サラエボ発 15:10-ウィーン着16:30/
ウィーン発 17:45(or火・金は17:25 )- 成田着11:55

※スケジュールはオーストリア航空公式HP及びGoogleフライトを参考にしましたが、再度確認をお願いいたします。



深夜便で羽田を発つとウィーンで7時間程乗り継ぎ時間が発生しますが、少し空港を抜け出して朝のウィーンを散策するのもよいかもしれませんね。一方のサラエボからの復路ですが、ウィーンで17:25発成田行の便に乗り継ぎだと55分しかなく、ウィーン空港がコンパクトとはいえサラエボからの到着が遅れると少々厳しいかと。

同日アクセスの選択肢が増え、復路が羽田着ならそのままエクストリーム出社も可能かも?
春スケジュールが始まる頃にはサラエボの冬恒例の大気汚染もマシになってるでしょうし、更にアクセスしやすくなるサラエボが皆さんをお待ちしております☆

ブログランキングに参加しています↓のアイコンをクリックしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日?更新中
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」





もう冴えない空港じゃない!?バニャルカ空港にライアンエアーが就航☆ - 2018.10.31 Wed


ボスニアのスルプスカ共和国側では最大の都市バニャルカ。
このバニャルカにも一応空港(通称・マホヴリャニ空港)がありまして、かつてはオーストリア航空がウィーンからのフライトを開設し、2003年にローマ法王がボスニア訪問した際に利用した由緒正しい(?)空港なのですが、近年運行しているのは隣国セルビアのエア・セルビアによる首都ベオグラード行きの1便。
ここ数年中東のキャリアを中心に便数を増やしているサラエボ空港、そして地方空港にも関わらずWizzairの就航により欧州の11都市と結ばれているトゥズラ空港から利用者数、就航都市が大きく引き離され冴えない空港に成り下がっておりましたが、冬季スケジュールよりライアンエアーがバニャルカとストックホルム、メミンゲン(ドイツ)そしてブリュッセルの3都市間に新路線を開設することに!
バニャルカ空港から車で約1時間離れた我が街にもライアンエアー就航を知らせる巨大広告が。

20181014_121716-1.jpg


各フライトとも週2回の運行ですが、昨日(30日)、ライアンエアーのバニャルカ初就航となるストックホルム便が就航。
ライアンエアーとしては、これがバニャルカのみならずボスニア・ヘルツェゴビナへの初就航となります。

ライアンエアー、バニャルカ就航初日の様子。




お約束の初就航歓迎放水アーチ☆




Radio Sarajevoの報道によると同空港の利用者は今年末までに23000人、来年は100000人が見込まれているとの事。
今年最初の2か月で7万人以上が利用し利用者数の驚異的な伸びを示しているトゥズラ空港にはまだまだ大きな差を付けられていますが、バニャルカ発着便への市民の関心は高く、今後オーストリアやスイス、スカンジナビア諸国へのフライトが開設される見込みも。

LCCということで荷物の追加料金は発生しますが、バニャルカー各都市のチケットはなんと往復19.99ユーロ(片道9.99ユーロ)から!今回のライアンエアー就航を機に英国のIndepent紙の「THE INDEPENDENT’S BEST OF TRAVEL」内でもバニャルカが紹介されていましたが、これを機にサラエボとはまた違った雰囲気を持つバニャルカに足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
ライアンエアー公式HP
https://www.ryanair.com/gb/en/


冬季スケジュール
バニャルカ -メミンゲン 火・土 19:50発-21:20着 
メミンゲン - バニャルカ 火・土 17:50発-19:25着
バニャルカ-ストックホルム(スカブスタ空港) 火・土 10:35 発-13:05着
ストックホルム(スカブスタ空港)-バニャルカ 火・土 7:40発ー10:10着
バニャルカ-ブリュッセル(シャルルロワ空港) 月・金 17:55発-20:00着
ブリュッセル(シャルルロワ空港)- バニャルカ 月・金15:25発-17:30着




ブログランキングに参加しています↓のアイコンをクリックしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日?更新中
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」




沈黙と記録は破られるためにある?~祝・クレープの枚数でギネス記録更新~ - 2018.10.27 Sat


お久しぶりです。
約半年余りの沈黙を破るにもってこいのニュースが飛び込んできました。(とこじつけるw)

現在サラエボで開催中のサラエボツーリズムフェスティバル(Sarajevski festival turizma 2018)の一環で行われたギネス記録に挑戦企画。その内容は昨年モスクワで作られたクレープの記録(12716枚)を超えるというものでしたが、8時間の制限時間内にこれまでの記録を約1500枚上回る14186枚のクレープが完成したとのこと☆



国外からの参加者を含め、調理人が一丸となって達成した今回の記録。
作られたクレープは高齢者施設や児童施設、生活困窮者、及びサラエボに滞在中の移民達にも味わってもらうとの事です。

20181026_170057.jpg

20181026_170642.jpg

今回の記録更新を祝し、我が家でも早速クレープを焼いてみました(笑)

ブログランキングに参加しています↓のアイコンをクリックしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日?更新中
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2019年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2019年は以下の通りです。

4月21日 イースター
(ローマカトリック)

4月28日 イースター
(セルビア正教)

6月4日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

8月11日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード